907
Fashion Post

「Hermès」が提案する新たなシネマ体験『彼女と。』

「エルメス(HERMÈS)」が東京・六本木の国立新美術館とともに、観客参加型の展覧会『彼女と。』を、2018年7月11日(水)から30日(月)まで開催する。エルメスが提案する現代的女性像の考察をテーマにした、シネマ的設定でのインラクティブな展覧会とは?

Text:Hiromi Mikuni

ARTISTIC DIRECTION:LAURE FLAMMARION PHOTOS:ISAAC MARLEY MORGAN
ARTISTIC DIRECTION:LAURE FLAMMARION PHOTOS:ISAAC MARLEY MORGAN

エルメスのレディス部門のアーティスティック・ディレクターであるバリ・バレ(Bali Barret)とレディス プレタポルテのアーティスティック・ディレクター ナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキー(Nadège Vanhée- Cybulski)の監修のもと、力強く今を生きるアリュールをまとう女性の姿をさまざまな視点から考察する展覧会。

物語は、ひとりの「作家」がある女性「彼女」の存在を追いかけることからはじまる。私たちが展覧会場に一歩足を踏み入れると、そこは広大な映画スタジオになっており、ひとりの女性の人物像を追って、撮影が行われている。そして私たち観客は「作家」とともに、会場を巡り、「彼女」の姿を追い求めていく。

ARTISTIC DIRECTION:LAURE FLAMMARION PHOTOS:ISAAC MARLEY MORGAN

撮影中のスタジオセット、未編集のフィルムが残された現場、そのフィルムには何が写っているのか? 
バックステージを通り抜けて、楽屋をのぞいたり、セットにしのびこんだり。
出番を待つ美しい衣装、「彼女」が愛用するエルメスのオブジェ、美術セット、そこから感じる「彼女」の気配。
そして東京の街に作り出されたパリの空、雪の舞うような幻想的な世界へと物語の舞台は続く・・・

私たちはいつのまにか「作家」として、「映画監督」として、「撮影スタッフ」として、そして「出演者」として、物語を体験しているはず。
時間や空間だけでなく、季節をこえる体験をもたらしてくれる「映画」を入り口に、エルメスの世界観を感じることができる特別なひととき。
プレイフルでウィットに富んだ、インタラクティブな展覧会『彼女と。』の予約受付は6月20日(水)から。この機会を逃さないで!

『彼女と。』
会期/2018年7月11日(水)~7月30日(月)
開館時間/10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は21:00まで
休館日/毎週火曜日
会場/国立新美術館 企画展示室2E
住所/東京都港区六本木7-22-2
入場/予約制、無料 (予約は下記URLにて6月20日 11:00より受付開始)
URL/hermesavecelle.com
主催/エルメス、国立新美術館

エルメスジャポン
TEL/0120-202-830

#エルメス彼女と
#HERMESAVECELLE

いいね!

Recommended Post