523
Culture Post

藤田貴大の新作公演『BOAT』、宮沢氷魚が初舞台&主演!

マームとジプシー主宰の藤田貴大の新作公演『BOAT』が東京芸術劇場にて、2018年7月16日(月・祝)から26日(木)まで上演される。出演は舞台初出演となる宮沢氷魚、そして青柳いづみ、豊田エリー、中嶋朋子ほか。

藤田貴大による新作公演『BOAT』は、マープとジプシーの近作『カタチノチガウ』『sheep sleep sharp』の完結編として上演される。東京芸術劇場と藤田との関わりは、2013年の芸劇eyes『cocoon』(今日マチ子原作/シアターイースト・15年再演)をはじめ、14年には『小指の思い出』(野田秀樹作/プレイハウス)での演出、そして15年にはRooTSシリーズVol.3『書を捨てよ町へ出よう』(寺山修司作/シアターイースト)、16年にはシェイクスピア没後400年を記念して行われた『ロミオとジュリエット』(プレイハウス)などで公演を重ねてきた。東京芸術劇場の”プレイハウス”で発表する作品としては『小指の思い出』、『ロミオとジュリエット』に続いて3作目となる。そして今回は初めて、藤田自身の言葉による書き下ろしとなる。



「この作品を、この空間にて、描く必要をかんじているのは、現在だからだろう。しかしそれは、現在という時間を過ごしていれば、自然と、必然的に揺りだされるもので。現在という空気のなかで、深く呼吸するように、しかしこのことだけをかんがえて、つくっていこうと準備している。これは、寓話でも神話でもなくて、ほんとうのことだとおもっている。現在という、ほんとうのことを、舞台のうえで繰り広げていきたい。」と、藤田は『BOAT』によせている。


宮沢氷魚

出演には、ドラマ『コウノドリ』でドラマデビューを果たした宮沢氷魚、そして藤田作品に欠かせない青柳いづみ、『ロミオとジュリエット』でジュリエットを演じた豊田エリー、藤田作品には初出演となる中嶋朋子が登場。マームとジプシー10周年を経て、新たな世界へと漕ぎ出す藤田貴大の新作、お見逃しなく!

『BOAT』

作・演出/藤田貴大(マームとジプシー)
日程/2018年7月16日(月・祝)〜26日(木)
会場/東京芸術劇場プレイハウス

料金/S席 ¥5,500、A席 ¥4,500 ほか
チケット取り扱い/東京劇場ボックスオフィス(0570-010-296)、チケットぴあ(0570-02-9999)<Pコード:485-912>、ローソンチケット(0570-084-003)イープラス

東京芸術劇場ボックスオフィス
TEL/0570-010-296(休館日を除く10時~19時)
URL/www.geigeki.jp



藤田貴大のインタビューを読む

宮沢氷魚のインタビューを読む

Text:Hiromi Mikuni Art Direction:Nakui Naoko Photos:Sayuki Inoue

Recomended Post