151
Culture Post

『デッドプール2』のフルトレーラーが解禁

今年6月1日日本公開予定の『デッドプール2(Deadpool 2)』のフルトレーラーが解禁となった。

ライアン・レイノルズ主演の同新作は先月のセミトレーラーにてケーブル(ジョシュ・ブローリン)を紹介していたが、今回ついにデッドプールをメインに予告編が展開されている。

ライアン曰く「出来は『ゴッドファーザー PART II』と『ダンシング・ハバナ』の中間くらい」という同新作のトレーラーは、カラン・ソーニが演じるお馴染みのタクシー運転手ドーピンダーが、車内でエア・サプライの『オール・アウト・オブ・ラヴ』を聴いている場面から始まる。そこに突然ギャングたちに追いかけられているウェイド・ウィルソンことデッドプールが、叫びながら路地を走り、タクシーの後部座席の窓を突き破り乗り込むという荒業を見せたり、ドーピンダーが自由気ままに デッドプールが人生を楽しんでいると話す中、悪党と戦っている姿や恋人のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と一緒にいるシーンが折り込まれるシーンも散見できる。

さらに、タイムトラベルをしてきたケーブルの目的が、ジュリアン・デニソン演じるスーパーヒーローの力を持った男の子を殺すことだと明かされ、デッドプールは1人ではこの男の子をケーブルから守れないと悟り、前作にも登場したネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)やコロッサス(ステファン・カピチッチ)他、ザジー・ビーツ演じるドミノやジェシー・べトラム役と見られているテリー・クルーズらとスーパーヒーロー集団「Xフォース」を結成する。

その他にも、前作にも登場した同居人の盲目の老婆ブラインド・アル(レスリー・アガムズ)や親友のウェイド(T・J・ミラー)、忽那汐里演じるキャラクターの華麗なアクションやプロフェッサーXの車椅子などが確認できるが、マーベル・シネマティック・ユニバースのあるキャラクターがカメオ出演するという噂も上っている。

同作や「X-MEN」シリーズの製作でも知られる21世紀フォックスは、現在、コミック『Xフォース』が原作の新作映画に取り組んでおり、ライアンやジョシュも出演予定だという。

Photo:bangshowbiz

Recomended Post