010
Culture Art

“クサマ・ワールド”一色!松本市美術館で展覧会が開催中

©YAYOI KUSAMA

個展を開けば驚異的な動員数を記録し、昨年は東京・新宿に「草間彌生美術館」が誕生するなど、人々の注目を集め続けるアーティスト、草間彌生。長野県にある松本市美術館では、会場全体を使った、大規模な展覧会が開催中だ。

Text:Akane Naniwa

松本市市制施行110周年・松本市美術館開館15周年記念して開催中の、「草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて」展。彼女の故郷にあり、これまでにも数々の草間彌生展を行ってきた、ゆかりある美術館が会場だ。

本展では、これまで国内で公開されていない初出品作や、最新作を含む約180点が公開中。1957年に渡米する前の貴重な作品をはじめ、代表作の数々が紹介される。なかでも2009年から手がけ、現在550枚を超えたという最新シリーズ「わが永遠の魂」は必見。今回公開される約70点のうち、半数近くが日本初公開、さらには世界初公開となるものも。

詩人としての側面、絵画や立体表現のみならず、映像やインスタレーションに挑戦するなど、草間彌生の多彩なる才能を堪能できるはず。館内が“クサマ・ワールド”に染まるこの展覧会は、松本市美術館でのみ開催! 

草間彌生 ALL ABOUT MY LOVE 私の愛のすべて
会期/2018年3月3日(土)〜7月22日(日)
会場/松本市美術館
住所/長野県松本市中央4-2-22
時間/月〜金・日曜9:00~17:00(土曜〜19:00) ※入場はいずれも閉館30分前まで
入場料/一般 1,200円
休館日/月曜 ※ただし、4月30日、5月7日、7月16日は開館
TEL/0263-39-7400
URL/kusama2018.com

いいね!

Recommended Post