852
Lifestyle Post

下町、⾺喰横⼭に新スポット「stopover tokyo」誕生

stopover tokyo
stopover tokyo

江⼾時代から続く問屋街でもあり、最近では宿泊施設やカフェ、アートギャラリーが次々にオープンしている⾺喰横⼭、東⽇本橋地区に新たな複合施設「stopover tokyo(ストップオーバー トーキョー)」が登場した。旅をテーマに、1Fには夜は「IZAKAYA」になるスタンド式のカフェ、2Fはセレクトショップ兼ギャラリー、3、4Fはバケーションレンタルスタイルの宿泊施設を展開する。

1F「coffee & izakaya」は、気軽に立ち寄れるスタンド式のショップ。朝から夕方までは、お菓子作家の山本有加が手がけたスイーツや、コーヒーを楽しむことができる。そして夕方から夜にかけては酒場プロデューサー勝瀬哲史による新しい形の「IZAKAYA」がオープン。

2F「gallery-s」では、代官山のセレクトショップ「7セブン」を継承するコンセププトショップとして、ここでしか出会えない厳選されたアイテムを展開、販売する。さらにギャラリーとして、キュレーターの竹中祐司が、アートやファッションなど特定のジャンルやジェンダーにとらわれない展示も行う。2月21日(水)までは、広島のコンセプトショップ「ref.」より、⽇本で数社しか作れない型吹き壜を使⽤した「GLASS CONTAINER CYLINDER」が展示販売中。


GLASS CONTAINER CYLINDER φ98×H135mm ¥16,200(税込)

デザインから考案して試作を繰り返したシリンダー型の壜に、ドライフラワーが入っている。蓋のコルクも、⽇本に数社しかないコルク⼯場が制作したもの。型吹きならではの不均一な輪郭がとっても美しい。こちらもぜひチェック!

3、4Fには、世界中を旅してきたディレクター、オーナーである鷲尾昭典が、増え続ける日本への旅行者をターゲットにカジュアルな個室宿泊施設を提案。ギャラリーや展示会など、フリースペーストしても利用可能。なお1部屋1泊¥8,000より、1、2月はオープン記念として¥6,000から宿泊可能。リーズナブルでも、プライベートな空間を楽しめる宿泊施設となっている。
⾺喰横⼭、東⽇本橋地区の新スポット「stopover tokyo」、ぜひ訪れてみて。

stopover tokyo
住所/東京都中央区東⽇本橋3-12-6
営業時間/coffee 10:00〜18:00、izakaya 18:00〜23:00、gallery-s 12:00〜20:00 ⽇曜祝⽇休
宿泊料⾦/1room 1stay ¥8,000〜 2⽉はオープン記念として¥6,000〜
TEL/03-6661-2469
EMAIL/info@stopover.jp
URL/www.stopover.jp

Text:Hiromi Mikuni

Recomended Post