144
Culture Art

SNSでも大人気! L・エルリッヒの新作アートが公開

レアンドロ・エルリッヒ,森美術館,Leandro Erlich
Leandro Erlich,Laundry,2018,mixedmedia

金沢21世紀美術館の常設作品『スイミング・プール』や、森美術館での展覧会がSNSでも話題沸騰中のレアンドロ・エルリッヒ。東京・代官山のアートフロントギャラリーにて、2回目となる個展を開催中。

Text:Akane Naniwa

アルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館の常設作品『スイミング・プール』でもよく知られるレアンドロ・エルリッヒ。
知覚や認知といった問題を扱いながらも科学的実験の厳密さではなく、ユーモアとウィットに富んだねじれた空間、だまし絵のような手法でつくられるレアンドロの作品は、観たもの同士の関係を解きほぐし、人々が共有できる場を生み出すのが特徴だ。森美術館での個展「レアンドロ・エルリッヒ 見ることのリアル展」にて公開中の作品は、まさに「インスタ映え」なアート(!?)としてSNS上でも話題沸騰中。

Leandro Erlich,Elevator Maze,2017,260.4x496.5x292.7cm,mixedmedia

Leandro Erlich,Elevator Maze,2017,260.4×496.5×292.7cm,mixedmedia

アートフロントギャラリーでは2014年に続き2度目となる今回の個展では、新作『Laundry』などが公開。近年の関心は日常におけるモノの存在、特に機能性の探求がかたちとなって現れたモノに注目し、その意味をつくり直しているというレアンドロらしい作品だ。
大規模インスタレーションとは違う、より身近にレアンドロ作品の魅力に触れられること間違いなし。森美術館での個展と合わせてチェックしてみて!

レアンドロ・エルリッヒのインタビューを読む

レアンドロ・エルリッヒ「Cosmic & Domestic」
会期/2018年1月10日(水)〜2月25日(日)
会場/アートフロントギャラリー
住所/東京都渋谷区猿楽町 29-18 ヒルサイドテラス A棟
時間/11:00〜19:00
休館/月曜
TEL/03-3476-4869
URL/www.artfrontgallery.com/

いいね!

Recomended Post