389
Fashion Post

「セルペンティ」にフォーカス!「Bulgari」巡回展が日本上陸

ブルガリ、セルペンティ、bulgari,SerpentiForm,Serpenti,BulgariArt,Serpentiintokyo,

 

2016年から始まった「ブルガリ(BVLGARI)」の巡回展「セルペンティフォーム」が、いよいよ日本にやってくる!11月25日~12月25日まで、六本木ヒルズ展望台にてメゾンを象徴するモチーフのひとつ「セルペンティ」にまつわる、さまざまな作品を一挙に展示。

Text:Anri Murakami

1940年代、誘惑・再生・変容のシンボルだった蛇のモチーフをしなやかなブレスレットウォッチにあしらうことで、ジュエリーに新たな解釈を吹き込んだ「ブルガリ」。そこから数十年の間に「セルペンティ」は、ブランドのアイコンとして人々に知られる地位を確立していった。

巡回展「セルペンティフォーム」では、この蛇がいかに現代アートやデザイン、写真で中心的な役割を担うアーティストたちをインスパイアしてきたかを紹介。ヘルムート・ニュートンやロバート・メイプルソープなどの写真家によるオリジナルプリントやキース・へリングによる遊び心のある作品に加え、既存の彫刻や日本画の概念とは異なる表現方法を追求する、小谷元彦や天明屋尚などの作品も展示する。

© Haring Foundation
キース・ヘリング、USA 19-82、1982年 リトグラフ キース・ヘリング財団、ニューヨーク

© 2017 Niki Charitable Art Foundation
ニキ・ド・サンファル、Snake/Serpent、2001年 彩色されたファイバーグラス ニキ・チャリタブル・アート財団、サンティー

また「ジョジョの奇妙な冒険」の作者、荒木飛呂彦が特別に描き下ろしたオリジナル作品や、本展覧会のために制作された「ブルガリ」のジュエリーコレクションなどもお披露目。多義に渡る作品が大胆に構成され、刺激的な空間を作り出している。

©荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
康穂と由花子、2017 墨(墨汁)とリキテックス カラーインク アーティスト提供、日本

会場では、事前にダウンロードできる「セルペンティフォーム」のウェブアプリを通じて、AR体験などができるユニークな仕掛けも!さらに開催中は、展望階に「ブルガリ」のカフェが登場し、ドリンクと共にスペシャルフレーバーのチョコレートなども提供。

「セルペンティ」のルーツや芸術性を五感で堪能することができる巡回展。都内を一望できる日本だけのスペシャルな構成で、期間限定の展示を楽しんで!

SERPENTI FORM ART JEWELRY DESIGN
会期/2017年11月25日(土)~12月25日(月)
会場/六本木ヒルズ 52階屋内展望台
住所/東京都港区六本木6-10-1
時間/10:00~23:00(入館22:30) ※金・土・休前日は 25:00(入館24:00)まで
入館料/一般 ¥1,800 高校・大学生 ¥1,200
お問い合わせ/ブルガリ ジャパン
TEL/03-6362-0100
URL/www.serpentiform.bulgari.com

Recomended Post