608
Culture Post

坂本龍一、幻のNYライブ映像が世界に先駆けプレミア上映!

坂本龍一
坂本龍一

2017年4月、NYのパーク・アベニュー・アーモリーで2日間にわたって行われた、限定200人のライブ映像を収録した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』 のプレミアム上映が2017年11月3日(金・祝)に世界に先駆け日本で開催!

Text:Hiromi Mikuni

8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム『async』は、坂本龍一が中咽頭癌と診断され、1年の闘病生活を経ての復帰作にもあたる。これまで映画音楽やテクノなど、同期を前提とする楽曲を作ってきた坂本が行き着いたのは”音そのものと向き合う非同期的な音楽”だったという。そんな『async』をベースに、2017年4月にNYで行われたライブを収録した『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』。監督は坂本を5年かけて取材したドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto : CODA』を手がけるスティーブン・ノムラ・シブル(Stephen Nomura Schible)。予告編では、タルコフスキーの架空の映画音楽を書くというコンセプトのもと、100人の観客を前に、ピアノやガラス板などを駆使したパフォーマンスが映し出されている。

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK:async』は2018年1月27日(土)より公開予定。それに先駆け11月3日(金・祝)に、角川シネマ有楽町など全国映画館でプレミア上映が行われる。11月4日(土)から公開される『Ryuichi Sakamoto:CODA』も連続上映!
「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と坂本がコメントするほどの特別な時間。世界でも200人しか目撃できなかったライブをぜひ映画館で体感して。

『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』
原題/RYUICHI SAKAMOTO:async AT THE PARK AVENUE ARMORY
監督/スティーブン・ノムラ・シブル
2017年/アメリカ・日本/カラー/5.1ch サラウンド/DCP/65 分  
映画公式サイト/liveviewing.jp/sakamotoasync/  
©KAB America Inc./SKMTDOC,LLC  

『Ryuichi Sakamoto: CODA』
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』プレミア上映

日時/2017年11月3日(祝・金)19:00より2作品連続上映(途中休憩なし、22:00頃終映予定)
場所/角川シネマ有楽町、大阪ステーションシティシネマほか
料金/¥5,000
入場者プレゼント/来場者には当日のみの限定をプレゼント
チケット販売/チケットぴあ w.pia.jp/t/sakamotoryuichi-sp/  
劇場(映画館)販売/11月3日(金・祝)※映画館はプレイガイドにて販売後、残席のある場合のみの販売

いいね!

Recommended Post