882
Culture Post

ソフィア・ベルガラ、6年連続で最も稼いだテレビ女優に

 

ソフィア・ベルガラ(Sofía Vergara)がフォーブス誌の発表するランキングで6年連続、世界で最も稼いだテレビ女優に選ばれた。

Photo:bangshowbiz

『モダン・ファミリー』でお馴染みのソフィアは昨年6月2日から今年6月1日までの間、税金などが差し引かれる前の金額として4150万ドル(約46億8100万円)を得てダントツ1位の座に輝いた。

ソフィアの収入のうち、4分の1のみが『モダン・ファミリー』出演によるもので、半分以上はシャンプーブランドのヘッド&ショルダーズ、ペプシ、コスメブランドのカバーガールなどとのコマーシャル契約によるものだと見られている。

ソフィアに続いて、『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』で1話につき100万ドル(約1億1300万円)の出演料を得ているケイリー・クオコが2600万ドル(約29億円)で2位についている。

3位には『ザ・ミンディ・プロジェクト』のミンディ・カリングと『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』のエレン・ポンピオが共に1300万ドル(約15億円)でタイにつけた。

さらに『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のマリシュカ・ハージティが1250万ドル(約14億円)で5位、以下ジュリー・ボーウェンが1200万ドル(約13億5000万円)、ケリー・ワシントンが1100万ドル(約12億4000万円)、プリヤンカー・チョープラーが1000万ドル(約11億3000万円)で続いている。

トップ10最後には『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のロビン・ライトが900万ドル(約10億円)で9位、『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のポーリー・ペレットが850万ドル(約9億6000万円)で10位にすべり込んでいる。

©BANG Media International

Recomended Post