766
Culture Post
MTVビデオ・ミュージック・アワードの豪華出演者が決定
MTV

 

エド・シーラン、マイリー・サイラス、フィフス・ハーモニーらが今年度のMTVビデオ・ミュージック・アワード(VMAs)でパフォーマンスを披露することになった。

Photo:bangshowbiz

今月27日にロサンゼルスのフォーラムで開かれる同式典でエドは大ヒットアルバム『÷(ディバイド)』からの曲を演奏するものと見られており、ほかにもロードやサーティー・セカンズ・トゥー・マーズ、ショーン・メンデスらの出演が予定されている。

『チェーン・トゥ・ザ・リズム~これがわたしイズム~』での最優秀ポップビデオ賞をはじめとする5部門にノミネートされたケイティ・ペリーと、最優秀ビデオ賞などで同じく5部門で候補に挙がっているザ・ウィークエンドもステージに立つ。今回の式典ではケンドリック・ラマーが、最優秀ビデオ賞や最優秀ヒップホップビデオ賞などで最多となる8部門にノミネートされている。

VMAsでのパフォーマンスは、1984年にマドンナが『ライク・ア・ヴァージン』を歌いながらウエディングドレス姿でステージを転がり回ったり、2003年にブリトニー・スピアーズにキスをしたりと一風変わった演出が行われることでも知られており、ブリトニーは2001年に『アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー』を披露した際、首に黄色のニシキヘビを巻いて登場して観客を驚かせた。また、1994年には結婚3か月前のマイケル・ジャクソンとリサ・マリー・プレスリーがステージ上でぎこちないキスを交わしたことでも話題になった。

©BANG Media International

Recomended Post