Jazztronik野崎良太が仕掛ける、 音楽プロジェクト「Musilogue」 | Numero TOKYO
Culture / Post

Jazztronik野崎良太が仕掛ける、
音楽プロジェクト「Musilogue」

ジャンルにとらわれない数多くの作品をリリースするJazztronikこと野崎良太が立ち上げた音楽プロジェクト「Musilogue(ムジログ)」によるライブイベント「Musilogue Music Showcase(ムジログ・ミュージック・ショーケース)」。その第2弾が8月20日に開催される。

たとえばライブのサポートメンバーやスタジオミュージシャン。高い技術があって、素晴らしい音楽を作っていても、個人名義で広く名前を知ってもらうチャンスは、実は少ない。知らず知らずに彼らの演奏を耳にしていても、そうとは気付かれないことも……。 こうしたミュージシャンにスポットを当て、彼らの音楽を身近に体験してもらおうと、Jazztronik 野崎良太が立ち上げた音楽プロジェクト「Musilogue」によるライブイベント「Musilogue Music Showcase(ムジログ・ミュージック・ショーケース)」。彼が注目する音楽家たちを、ジャンルを飛び越えて編成し、毎月、ライブとCDで紹介していく。

TENPURE_cs3
TENPURE_cs3
「barbar」 メンバー編成のディレクションを担当するのは、仕掛け人の野崎良太。毎回、核となるミュージシャンを決め、どの演奏家と組み合わせたら、面白い音楽が生まれるかを念頭に決定する。演奏スタイルの個性に着目することもあれば、楽器の組み合わせの妙を楽しむパターンも。何が起きるかは、その場に立ち会わないと、わからない!? ちなみに第1回目は、藤谷一郎(ベース)と栗原健(サックス)がタッグした「Elephant and a barbar」。どこかノスタルジックで、切なさの痛点にそっと触れる、ジャジーなサウンドが心地いい。

barbar from Koto Production on Vimeo.

第2回は8月20日開催。 メインミュージシャンはボサノバとクラブミュージックを融合させたユニット「Prismatica」のギタリスト、越田太郎丸。クラシックをベースに様々なジャンルの演奏をこなすヴァイオリニスト沖増菜摘。リーダーユニット「VERTICAL-ENGINE」でデトロイト・ジャズフェスに出演し、 数々のアーティストとの共演をしてきた大槻”KALTA”英宣。そしてこのプロジェクトを主催するJazztronik 野崎良太がピアノに加わる。この4人がどんな音楽が奏でるのか、ぜひライブで聴いてみたい! 第2回「Musilogue Music Showcase」 出演/越田太郎丸(ギター)×沖増菜摘(ヴァイオリン)×大槻 "KALTA" 英宣(ドラム)×野崎良太(ピアノ) 会期/2017年8月20日(日) 時間/開場18:00、開演19:30~、21:00~ 場所/中目黒 楽屋(rakuya)(rakuya.asia) 住所/東京都目黒区上目黒2-15−6 モロバシビル 料金/予約3500円、当日4000円 URL/www.musilogue-showcase.com 第3回 「Musilogue Music Showcase」 出演/田ノ岡三郎(アコーディオン)×高橋弥歩(サックス)×紅雪(琴) 会期/2017年9月29日 第4回 「Musilogue Music Showcase」 The New sound of japan project 出演/西嶋 徹(ベース)×田辺しおり(尺八)×野崎良太(ピアノ) 会期/2017年10月27日 第5回 「Musilogue Music Showcase」 出演/真砂陽地(トランペット)×井上新(ギター)×田中和音(ピアノ) 会期/2017年11月24日会期会期 ※開催場所、料金は第2回と同様。 チケット情報 チケットぴあ/t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1736114 楽屋予約/rakuya.asia/cgi-bin/rakuya/shop/yoyakuorder.cgi?post_id=4160&session=0

Text:Chieko Koseki

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する