131
Culture Art

若手建築家が考える“夢の家”展、開催

ユメイエ展:日本の若手建築家,田根剛,大西麻貴,百田有希,ユニットo+h,御手洗龍
「まちを動かしていく家」ドローイング (C)Ryu Mitarai

日本の若手建築家9人とふたつのユニット、合計13人のホープを紹介する「ユメイエ展」が、東京・東神田のTARO NASUにて開催中。注目の建築家たちが考える「夢の家」とは?

Text:Akane Naniwa

田根剛、大西麻貴+百田有希によるユニットo+h、御手洗龍など、日本の若手建築家9人とふたつのユニットを紹介する「ユメイエ展:日本の若手建築家」。展覧会のために彼らに与えられたテーマは、タイトル通りずばり「夢の家」。
会場では、建築家にとって、実作をつくる上で重要なドローイングや模型を展開する。

ドローイングや模型が体現する小さなスケールの空間内に、それぞれの建築家が込めた夢、そしてそれを実現させるためのテクノロジーや、社会のリアリティを、垣間見ることができるだろう。
なお、本展を主催する公益財団法人 石川文化振興財団は、昨年秋に第1回が開催された「岡山芸術交流」の総合プロデューサーにして、ストライプインターナショナルを率いる石川康晴が2014年に設立。今後の日本の現代アートや建築シーンを占う上でも要注目だ。
もしこの「夢の家」が建ったら、どんな家になるのだろう? どんな風に暮らすのだろう? そんな想像を膨らませながら見てみるのも、きっと楽しいはず!

「ユメイエ展:日本の若手建築家」
会期/2017年7月28日(金)~8月12日(土)
会場/TARO NASU
住所/東京都千代田区東神田1-2-11 
時間/10:00〜18:00
休館日/日・月曜、祝日
TEL/03-5856-5713
URL/www.taronasugallery.com/

Recomended Post