506
Culture Art
70時間ぶっ通し! 山川冬樹 パフォーマンス@横浜YCC
山川冬樹
Photo: Ken Kato

YCCヨコハマ創造都市センターが企画・実施するアートプログラム・シリーズ「YCC Temporary」。その第2弾として、7月7日からアーティスト山川冬樹のライブパフォーマンスがスタートする。

Text :Manami Abe

毎回ひとりの現代アーティストに焦点を当て、美術展覧会やパフォーマンス公演などを開催するプログラム「YCC Temporary」。1929年に建造された歴史的建築を一時的に美術館のように見立て、ひとつの空間に大型作品を1作品のみ展示・公演している。

突然現れては消えるYCC Temporaryの個展、その第2弾アーティストとして選ばれたのは、音楽、美術、舞台芸術などで活躍する山川冬樹。一人で二つの声を同時に歌うといわれるアジア中央部の喉歌「ホーメイ」歌手としても知られている彼のパフォーマンスは、心臓の鼓動の速度や強さを意識的に制御することで電子聴診器を通して光と音に還元したり、骨伝導マイクを用いて頭頭蓋骨の振動を増幅したり……と、自身の身体そのものを媒体としている。

そんな山川の最新ライブパフォーマンスが、この度なんと70時間連続で開催。7月7日真夜中 0:00からスタートし、2日後の夜22:00までぶっ通しでの開催だ。そこには音楽の生演奏としてのライブはもちろん、生きる(=LIVE)行為すべてがその意味に含まれるという。展覧会としては短すぎるが、連続するライブとしてはあまりにも長過ぎるこのイベント。山川自身も「この70時間で何が起こるのか。観客がライブの全貌を把握することはほとんど不可能だ」と語る。

プログラムなし、タイムテーブルなし、あるのはアーティストと観客のみ。睡眠は取るの? 食事は? という疑問は、実際に訪れて確かめてみて。

YCC Temporary 山川冬樹
LIVE FOR 70 HOURS
会期/2017年2017年7月7日(金) 0:00 〜 7月9日(日) 22:00
会場/YCC ヨコハマ創造都市センター 1階ギャラリー
住所/横浜市中区本町6-50-1
入場料/¥1,800
※70時間連続開館中は何回でも入退場可。ただし混雑状況により入場制限あり。
TEL/045-307-5305
yokohamacc.org/yct/fuyukiyamakawa/

Recomended Post