838
Culture Post
ジョージ・クルーニー、自宅改装中に近隣住民へ豪華なお詫び
George Clooney

 

ジョージ・クルーニー(George Clooney)はイギリスの自宅改装中、迷惑をかけてしまうことへのお詫びとして周辺住人に豪華なお詫びのパッケージを提示していたという。

Photo:bangshowbiz

2014年、ジョージと妻アマルは英バークシャー州ソニングに推定750万ポンド(約10億3500万円)の豪邸を購入し、1250万ポンド(約17億2500万円)もの改装プロジェクト計画を提出した後、ジョージは改装中に掛かる迷惑のお詫びとしてある取引を申し出ていたようだ。

デイリー・メール紙によれば、双子の誕生を控えているジョージは、近隣住人のジョンとクレア・グローブさんとは4万5000ポンド(約620万円)相当の合意に至り、その中には工事の騒音を逃れるためのギリシャのコルフ島へのホリデーや、高級ホテルへの滞在、さらには3万ポンド(約410万円)の一時金、78万ポンド(約1億円)相当のコテージへの宿泊、工事が完成するまでの家賃や光熱費などの支払いなどが含まれているという。

ある内部関係者は同紙に「クルーニー宅の近隣住人がその工事によってかなりのストレスを受けていたことはその村では知られていることです。工事が一番忙しかったときには、工事用の車両最高3台ほどが毎日狭い道にあったのです」「ですが、夫妻は引っ越してきてからたくさんのものを地元にもたらしています。この工事に伴う迷惑に対し、グローブ夫妻にとても寛大な補償をしてきています」と話す。

この自宅工事はすでに終了しており、最終的には12席のシネマ、プール、テニスコート、地下灌漑システムなどが設置されたという。

©BANG Media International

Recomended Post