839
Culture Post

スカーレット・ヨハンソン、政界入りを希望

Scarlett Johansson

 

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)が政界入りを目指しているようだ。

Photo:bangshowbiz

離婚調停中の夫ロマン・ ドリアックとの間に2人の娘を持つスカーレットは、子供たちが大きくなったら政治の道を志すことを視野に入れていると明かした。

イベント誌とのインタビューでスカーレットは「出来れば平和に抗議したいの。できれば服役はしたくないわ。そうすると、いつか政治家になることを考えるってことになるわね」「政治家になることは喜びであり、名誉なことになるでしょうね。私は規約が成立すれば、もっとも効率的だと常に考えてきたから」「今は小さい子供たちの世話に追われているわ。ホワイト ハウス記者協会の夕食会に何度か行ったことがあるし、世界の政治の動きも見てきた。世界に影響を及ぼす条約が小さな部屋で決められていることもね。私が良く知る業界とそこまで程遠いことではないわ」と話した。

スカーレットは今年、ドナルド・トランプ大統領に反対する熱意のこもったスピーチを行っており、そこでは家族計画を指導するクリニックの必要性や10代の頃の自身の経験を語っていた。

「普段はそんな私的な問題を人と話したいとは思わないわ。でも今は違うの。私が自分の経験を話して影響を与えることが出来るなら、プライバシーを守るために言わないことより価値があると思うから」「私は政治家たちが自分の体をどうすべきか口にすることには飽き飽きしているの。私や友人たちが男性の友人や家族たちと同じような価値観でみてもらえるかということもね」「こういう話題はとても古めかしく感じるわ。私には力強く独立し、自分のことをしながら子育てをしる人や、キャリアを築いている人、そのどちらも両立しているような女性の友人たちが山ほどいるから『なんでこんな話になるの?』って気分なの。私は自分のために、姉妹のために、娘のために、母のために、そして友人たちのために立ち上がるわ」。

©BANG Media International

Recomended Post