533
Fashion Post

水原希子 ×「Dior」のフェミニニティ

水原希子による「Dior」2017春夏コレクションレポート。最新アイテムを纏った美しいファッションビジュアル&パリコレ日記。

Photos:Marcel Castenmiller(p.1)Ayumi Shino(p.2)
Fashion Editor:Shun Watanabe
Hair:Taku(p.1)Tie Toyama(p.2)
Makeup:Yusuke Saeki(p.1)Yumi Endo(p.2)
Edit:Michie Mito、Fumika Oi

「ディオール(Dior)」2017年春夏コレクションを手がけるのは、1946年のメゾン設立以来、初の女性アーティスティック ディレクターとなるマリア・グラッツィア・キウリ。キーワードは「フェミニズム」と「フェンシング」。ファッションは美しい服ということだけではなく、現実世界で生きる女性たちを奮い立たせるものだというメッセージが込められている。そんな、マリア・グラツィアによる美しいギフトを、女優・モデルとして活躍する水原希子が着こなす。スペシャルストーリーの全編は「ヌメロ・トウキョウ(Numemro TOKYO)」2017年4月号にも掲載。

ファンタジーを纏う特別感

チュールにタロットカードのモチーフをイラスト化した刺繍が丁寧に施された贅沢なドレス。ディオールのアトリエによるクラフツマンシップの賜物。ドレス ¥1,700,000、アンダーウェアパンツ ¥105,000、チョーカー ¥31,000、スニーカー ¥185,000/Dior(クリスチャン ディオール)

クラフツマンシップとの美しき共演

刺繍が全面に施されたフェミニンで繊細なチュールドレス。オートクチュールも手がけるアトリエを持つディオールだからこそなせる可憐な美しさ。ドレス ¥2,400,000、アンダーウェアパンツ ¥105,000、チョーカー ¥31,000/Dior(クリスチャン ディオール)、イヤカフ/すべてスタイリスト私物

水原希子のパリコレ日記!

Profile

水原希子(Kiko Mizuhara)女優、モデル。1990年10月15日米国生まれ。2003年にファッション誌『Seventeen』(集英社)のオーディションにてミスセブンティーンを受賞、専属モデルとしてキャリアをスタート。その後、多数のファッション誌にて活動し、ファッションブランドの広告キャンペーンやCM出演など幅広く活躍。2010年映画『ノルウェイの森』で女優デビュー。女優としても数々の作品に参加をしている。

Recomended Post