デヴィッド・ボウイを写した “ロックな” 写真展! | Numero TOKYO
Art / Post

デヴィッド・ボウイを写した “ロックな” 写真展!

「DAVID BOWIE by MICK ROCK」

昨年、惜しまれつつもこの世を去ったロックスター、デヴィッド・ボウイ。
写真家ミック・ロックが切り取ったボウイの様々な顔が、現在原宿のVACANTに集結している。

ルー・リードやイギー・ポップ、セックス・ピストルズにラモーンズなど、多くのアーティストのアイコニックなイメージを手がけたことから、 “70年代を写した男” とも呼ばれるミック・ロック。現在でもファレル・ウィリアムスやダフト・パンクなど、時代のアイコンの姿を、そのフィルムに収め続けている。今回の展覧会に並ぶのは、「Ziggy Stardust」期に始まる彼らの長い交流の軌跡。時代を証言するそれらの写真作品は、なんとすべて購入可能となっている(!)。 ここで冒頭の訂正だ。 ボウイは亡くなったのではなく、火星に移住しただけである。 というわけで火星探査が進むまで、寺田倉庫で絶賛開催中の展覧会「DAVID BOWIE is」(https://numero.jp/masumisasaki-36/)と合わせて、火星に暮らすボウイの姿に想いを馳せよ……! 「DAVID BOWIE by MICK ROCK」 会期/2017年2月25日(土)〜 3月13日(月) 会場/VACANT 東京都渋谷区神宮前 3-20-13 時間/12:00〜20:00(会期中無休) URL/www.vacant.vc/davidbowiebymickrock

Text:Ken Suzuki

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する