フレイヴィンによる、光の空間体験を | Numero TOKYO
Culture / Post

フレイヴィンによる、光の空間体験を

“MONUMENT”FOR V. TATLIN(V・タトリンのための“モニュメント”)1967年 7本の白色直管蛍光灯 / Set of 7 white fluorescent tubes 244×72×7cm Courtesy Foundation Louis Vuitton ©ADAGP, Paris 2017

ミニマリズムの主唱者のひとりとして知られるアメリカ人のアーティスト、ダン・フレイヴィンの展示が、東京・表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中だ。

1961〜1963年に制作した「イコン(Icons)」シリーズ以来、「光」を素材に使用した作品をつくり続けるダン・フレイヴィン。「光」を宗教的、あるいは神秘的に解釈せず、それ自体の存在を表すものとしてきた同作家は、さまざまな光の色やバリエーションの明度を試し、蛍光灯を垂直、水平、あるいは斜め方向に配すなど、実験的な制作を続けてきた。 単純な光の相互作用を用いて空間を変身させ、美しく豊かなものにし、感覚的な空間体験へと誘うフレイヴィンの作品たち。本展では、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンのコレクションの中から、7つの作品が紹介される。 「光」へのあくなき探求と、その豊かさをぜひ体験して。 「DAN FLAVIN」展 会期/2017年2月1日(水)〜 9月3日(日) 会場/エスパス ルイ・ヴィトン東京 住所/東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F 時間/12:00〜20:00 休館/会期中無休 TEL/0120-00-1854 URL/www.espacelouisvuittontokyo.com/ja/

Text:Akane Naniwa

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する