「バリー」がシルクスカーフでカンボジア女性のエンパワーメントを支援! | Numero TOKYO
Fashion / Post

「バリー」がシルクスカーフでカンボジア女性のエンパワーメントを支援!

numero tokyo
numero tokyo

「バリー(BALLY)」が、フランスのNGO団体「ソワリー・デュ・メコン」とコラボレート。カンボジアの織物職人の高い技術力を生かした、世界で500枚だけのスペシャルエディションとなるシルクスカーフを発売する。

「ソワリー・デュ・メコン」は、カンボジアで特に貧しい農村部に暮らす女性たちに、継続できる雇用を創出し、手織りの技術と知識の向上を図ることで、女性のエンパワーメントを行なうNGO団体。 彼らが支援する、カンボジアの織物職人が作るシルクスカーフは、柄に合わせて絹糸を一束ずつ染め分け、さらに織るという工程をすべて手作業で行っている。スカーフ1枚の制作時間は、なんと最大で約40時間! 今回のコラボレーションでは、大きなギンガムチェックのスクエア型と、繊細なギンガムチェックのシルクスカーフの2種類を用意。どちらもハンドメイドのタッセルをコーナーにシグネチャーとして配し、原産地と生産方法を紹介するタグが付属されている。

大きなギンガムチェックのスクエア型のシルクスカーフ。カラーは全3種。
Bally x Soieries du Mekong 4.jpg
Bally x Soieries du Mekong 4.jpg
繊細なギンガムチェックのシルクスカーフ。カラーは全5種。
Soieries du Mekong (3).jpg
Soieries du Mekong (3).jpg
シルクスカーフの制作風景 国内では11月15日から、オンラインショップと銀座店で限定販売。 シルクスカーフを身に付けることで、カンボジアの女性のエンパワーメントを支援する「バリー」の取り組みを支援してみては。 BALLY限定スカーフ 発売日/11月15日~ 価格/各20,000円(税抜) TEL/03-6264-5471(バリー銀座店) HP/BALLY.JP

Text:Anri Murakami

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する