713
Culture Post

スカーレット・ヨハンソンは大のカラオケ好き!

スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)は大のカラオケ好きだそうだ。

スカーレットは仕事や母親業での疲れがたまった時には、お気に入りの曲を歌ってストレス解消するのだという。そんなスカーレットの十八番はフリートウッド・マックやビリー・ジョエルの曲だそうで、今月11日に開かれたトロント国際映画祭で新作『SING/シング』のプレミア試写会に登場した際、「私はすごくカラオケが大好きなの。お気に入りと言えばフリートウッド・マックかビリー・ジョエルね。ただ大好きなんだもの」と明かした。夫ロマン・ドリアックとの間に2歳の娘ローズちゃんを持つスカーレットはまた、パーティーソングの中ではテイラー・スウィフトの『シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!』が大好きだと続けた。

そんなスカーレットが出席した試写会の場には、同作の共演者であるマシュー・マコノヒーやリース・ウィザースプーン、トリー・ケリーなども姿を見せていた。主人公のコアラ、バスター・ムーンの声を担当しているマシューは自身の通常演じる役柄とは大きく違ったこの作品の製作をとても楽しんだそうで、「最初も途中も最後も良いところが好きなんだ。どうなるかも分からないならがも、途中でサプライズがあるのが好きなんだけど、この映画はまさにそんな感じなんだよ」と明かしていた。

©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Recomended Post