008
Fashion Post

アレクサ・チャン、
自身の名を冠したブランドを始動へ

Alexa Chung
Alexa Chung

アレクサ・チャン(Alexa Chung)が自身の名を冠したブランドを始動させることになった。

Photo:bangshowbiz

アレクサがクリエイティブ・ディレクターを務める同ブランドは、デニム系やカジュアルなものからフォーマルな服までを取り揃え、靴やアクセサリーなども充実したコレクションを手の届く価格で展開し、2017年5月に初コレクションを発表する予定だという。

最近では英高級スーパーのマークス・アンド・スペンサーでカプセルコレクション「アーカイブ・バイ・アレクサ・チャン」を発表していたアレクサは、ブランド「アレクサチャン」について「今、これをやる準備ができたって感じがするの。もっと前だったら責任を十分にとれなかっただろうし、もしくは、こういう大きなことを引き受けることができなかったと思うの」「誰かのブランドの理念に影響されることなく自分の世界を作る自由みたいなものがただ欲しかったの。誰かの代わりになって何かをするとそこにはある種の枠があるのよ。その誰かのデザインの枠に留まらなければならないところがあるの」「どう見せるかは、私達がちゃんと考える必要があることになっていくと思うの。今日のファッション業界の状況やそれがどれだけ早いスピードで変わっていくかを私はわかってる。ワクワクして、個性的で、新しい何かを提供することを確実にしたいし、このブランドの核はみんなと繋がっているってことなの」「クレイジーなくらい高価格のものは作るつもりはなくて、街中にいるみんなに語りかけるような商品を作ることを確実にしたいわ」とウェブサイトのビジネス・オブ・ファッションに語った。

さらに、これまでDKNYジーンズ、スペルガ、ラコステなどのキャンペーンモデルを務めるなどさまざまな経験を積んできたアレクサは、若いうちにブランドをスタートさせる必要があると感じたと明かしている。「元気があってポップ文化の中にいて、そして今の人たちに現実的にふさわしい何かを作ることができるだけの若さがあるうちに、これをやる必要があるって感じているの」。また、2009年に英ヴォーグ誌の寄稿編集者にも選ばれたアレクサは、「このブランドが10年間やってきたことの集大成だと思っているの。全てのアイデアが落ち着く場所であって、そして、その本拠地の中で発展、成長し続けるのよ」と続け、ブランドの将来を前向きに語った。

©BANG Media International

いいね!

Recommended Post