サラ・ジェシカ・パーカーサプライズで花嫁に靴をプレゼント | Numero TOKYO
People / Post

サラ・ジェシカ・パーカー
サプライズで花嫁に靴をプレゼント

Sarah Jessica Parker
Sarah Jessica Parker

サラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)が、ウェディングドレスの試着をしていた3人の女性にサプライズで自身のデザインした靴をプレゼントしたようだ。

ニューヨークにあるクラインフェルド・ブライダルが、ブライダルサロンとして初めて、サラが靴のデザインを手掛ける「SJPコレクション」を取り扱うことになったことを受け、サラは同サロンに現れ、花嫁になる女性3人に粋なプレゼントをしたという。 ブライズ誌による映像では、その日サロンでテイラー=レイさん、ヒラリーさん、ケイトリンさんがドレスを試着している際に「靴のスペシャリスト」としてサラが自身の手掛けたたくさんの靴をカートに乗せて部屋に入ってくる様子が映し出されている。 1997年にマシュー・ブロデリックとの結婚式の際に黒のドレスを着ていたサラは最近、もう一度結婚するなら、もっと伝統的なドレスを選ぶと話していた。「今、私がもし結婚するなら、クリーム色を身につけると思うわ。ブライダルの経験をただするためにね。今、オスカー・デ・ラ・レンタの雰囲気を持つドレスがいいわね。ポケットがウエストの下にあって、胴部はかなりフィットしているんだけど、スカート部分はたっぷりしていて、タフタか柔らかだけど重いサテン素材ってとこね。そのシルエットが今は魅力的に思うの。伝統的だけど、とてもモダンにも見えるのよ」。 ©BANG Media International

Photo:bangshowbiz

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する