537
Culture Post

蜷川実花が撮る役者、綾野剛のいま

numerotokyo 綾野剛
Numero TOKYO 98

2016年6月25日公開の映画『日本で一番悪い奴ら』で主人公を演じる役者、綾野剛が発売中の「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」7・8月合併号に登場。写真家・蜷川実花との2年ぶりとなるセッションが実現した。

Issue:Numéro TOKYO JULY / AUGUST 2016 No.98

自分も子どもに戻れた

舞台から映画、ドラマまでジャンルを問わず活躍し、圧倒的な演技力で観る者を魅了する彼。「大人でいなきゃいけないっていうのを全て捨てさせてくれた」という、童心を取り戻すきっかけとなった今は亡き蜷川幸雄とのエピソードでは、蜷川実花からも「綾野君、適度に父親のこと雑に扱うからさ」と、その親密さが伺える。ほかにもインタビューでは、役作りに対する姿勢や役者としてのあり方について語ってくれた。また感情がどんどんシンプルになっていくという、今の彼の恋愛観とは?

※「」はヌメロ・トウキョウ 2016年7・8月合併号より引用。このインタビューは2016年4月27日に行われたものです。

Recomended Post