012
Culture Post

ローリー・リン・スタークの日本初となる個展がBA-TSU ART GALLERYで開催

ローリー・リン・スタークの日本初となる個展がBA-TSU ART GALLERYで開催
写真家、マルチメディア アーティストとして活躍するローリー・リン・スターク(Laurie Lynn Stark)の日本初となる個展『BUDS ‘N’ BLOOMS』が、4月22日(金)より東京・表参道駅近くのBA-TSU ART GALLERYで開催される。現在、「クロムハーツ(Chrome Hearts)」の共同オーナー兼共同デザイナーとして活躍し、国内外で発行されている『クロムハーツ マガジン』のアートディレクターも務める彼女。8×10カメラで撮影した、友人のシンディ・クロフォードやジョン・バルデッサリらのポートレイトが人気を集めたことがきっかけで写真家として脚光を浴び、2009年にモンテカルロで開催された『Women in the Magic Mirror』展では、巨匠たちの傑作と並んで作品が展示されるまでに。その一方で、近年は映像やデジタル写真へも活躍の場を広げ、より深く自然な方法でテーマを捉えた作品が好評を博している。
ローリー・リン・スタークの日本初となる個展がBA-TSU ART GALLERYで開催
今回の個展は、花、女性の体、男性の体と自らの関係がテーマ。「決して同様ではない美しさ。人も花もそれぞれに見た目が1つとして同じものはありません」。そう語るローリーが映した写真の数々は、大自然のエレメンツと女性の強さに対する彼女の情熱を表現。見終わった後には“ローリーのラブストーリー”として強く心に訴えかけるような構成になっている。ぜひ、その目で確かめて。
 
 
BUDS ‘N’ BLOOMS BY LAURIE LYNN STARK
期間/2016年4月22日(金)~5月1日(日)
場所/BA-TSU ART GALLERY
住所/東京都渋谷区神宮前5-11-5
Information/クロムハーツ トーキョー
Tel/03-5766-1081
 
© Laurie Lynn Stark Photography
 

Recomended Post