472
Culture Post

『ゲーム・オブ・スローンズ』のメイジー・ウィリアムズ、新作『X-Men』出演へ?

Maisie Williams
『ゲーム・オブ・スローンズ』のアリア・スターク役で知られるメイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)が「X-Men」シリーズ最新作へ出演する方向のようだ。新たなメンバーが多数加わる『ザ・ニュー・ミュータンツ』で、メイジーはオオカミに変身する能力を備えたウルフスベーンことラーネ・シンクレア役に向けてフォックス社から白羽の矢を立てられていると見られている。

アニヤ・テイラー=ジョイとアレクサンドラ・シップもこの新作へ出演する方向で、アニヤはマジックことイリヤ・ラスプーチン役を演じると思われているが、アレクサンドラが何のミュータントを演じるのかについては明らかになっていない。

ジェームズ・マカヴォイが続投するプロフェッサーXが物語の中心となるとみられており、『きっと、星のせいじゃない。』のジョシュ・ブーンがメガホンを取る予定だ。プロデューサーを務めるサイモン・キンバーグは同作がオリジナル性を持った作品になるとIGNニュースに話している。「ジョシュ・ブーンと執筆パートナーが脚本を書いているところなんだ。すごく良い仕事をしていて、本当にクールなものになっているよ。色んな意味で『デッドプール』はメインの『X-Men』の話とは違ったものになっていただろ。『ニュー・ミュータンツ』も『デッドプール』ほどではないかもしれないけど、独自のオリジナル性を持った作品なんだ」「そこが僕にとって『X-Men』の世界の面白いところなんだよね。シリーズとは異なる感性を持ったそれぞれのキャラクターの作品が作れるんだ。『ニュー・ミュータンツ』はヤングアダルトな雰囲気を持ち合わせているよ」。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post