248
Culture Post

ジャック・ブラック、息子達のために『カンフー・パンダ3』特別試写会

ジャック・ブラック(Jack Black)が2人の息子達を含む20人の子供達のために自宅で『カンフー・パンダー3』の特別試写会を開いてあげたそうだ。大人気アニメーションシリーズ『カンフー・パンダ』で主役ポーの声優を務めるジャックは、自身の息子サミー君とトーマス君が同シリーズ最新作をアメリカ公開前に友達と一緒に観たいとお願いされたため、自宅での特別上演を決行したのだと言う。
 
英OK!誌のインタビューの中で、サミー君とトーマス君は人気アニメシリーズで父親が声優を務めていることを喜んでいるかという質問に対し「もちろんだよ!2人が通う学校の友達20人くらいを招待して小さな試写会をやったんだ。彼らとその時間を共有できてとても楽しかったよ」「サミーは新作の中でウサギのキャラクターの声優に挑戦したんだ。彼はとてつもなく興奮していたね」と語った。
 
さらにジャックはポー役を演じることで自分自身の心を若く保つことができているといい、時々ポーを見ていると自分のことのように思うこともあると続ける。「ポーは子供の頃の僕みたいなんだ。子供の頃って自分の興味を持ったものに愛情と情熱を注ぐよね。ポーの場合はそれがカンフーなんだ。そういう自分を失いたくないよね。子供達ってのは楽しいからやりたいものなんだよ」。
 
日本での公開日はまだ決まっていないものの、海外では来月にも『カンフー・パンダ3』の公開が予定されておりダスティン・ホフマンがシーフー老師、アンジェリーナ・ジョリーがマスター・ティグレス、ジャッキー・チェンがマスター・モンキーとして再び登場する。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post