854
Culture Post

オノ・ヨーコが掲げる、いままでとは少し違った“世界の見え方”。東京都現代美術館で個展

3

近代と現代、欧米と日本、美術と音楽、前衛とポピュラーカルチャー、そして社会と個人……。飾ることのないシンプルな言葉と、そこから紡がれたユーモアあふれる詩で、相反するあらゆる事象を結びつけてきたオノ・ヨーコ。私たちを取り巻く社会に独自の視点を提示し、コンセプチュアル・アートの先駆けとなった彼女の個展が清澄白河の東京都現代美術館にて開催されている。
 
これまで主にアメリカの戦後美術のなかで語られてきたオノ。本展はその活動を、生まれの地である “東京” という文脈で捉え直す試みとして、彼女が東京に身を置いた1950年代から70年代の作品にスポットを当て、今日的な視点で辿っていく。まるで音楽における楽譜のように、想像をかきたて行動を呼び起こさせるオノのプレーンなコンセプト。『グレープフルーツ』をはじめとする作品に込められたメッセージには、素朴ながらも力強く鑑賞者の心に訴えかけてくるものがあるはずだ。展示を見た後に訪れるいままでとは少し違った “世界の見え方” は、普段は気づかないような “小さな幸せ” を、私たちに分け与えてくれるだろう。
 
オノ・ヨーコ 私の窓から
会期/2015年11月8日(日)〜 2016年2月14日(日)
会場/東京都現代美術館 企画展示室地下2階
開館時間/10:00〜18:00(入場は17:30まで)
休館日/月曜日(2016年1月11日は開館)、2015年12月28日〜2016年1月1日、1月12日
関連イベント/「当館ガイドスタッフによるギャラリー・トーク」:
1月10日(日)、17日(日)、24日(日)、31日(日)各回15:00〜16:00
2月7日(日)、14日(日)各回15:00〜16:00
「お正月開館プログラム」:1月2日(土)、3日(日) 各日11:00〜、13:30〜
* 詳細は下記ウェブサイトにてご確認ください
TEL/03-5245-4111
WEB/www.mot-art-museum.jp

Yoko Ono, FROM MY WINDOW: Salem 1692, 2002, Pigment on stretched canvas, Private Collection ©YOKO ONO 2015

 

Text: Kahlua Tsunoda

Recomended Post