358
Culture Post

ポップでジャンクな遠い日のトウキョウ。森山大道のカラー写真展『DAIDO IN COLOR』

1

ひと昔前の “トウキョウ”。そこではどんな音がしていたのだろう? どんな匂いがして、どんな空気が流れていたのだろう? ヴィヴィッドなカラーフィルムに封じ込められた “あの時代” が、40年の時を超えて、いまここに色鮮やかに蘇る。日本が世界に誇る写真家・森山大道のカラー作品による展覧会が、渋谷の『アートスペースAM』にて開催されている。
 
今回展示されるのは、1960年代後半から80年代前半にかけて撮影された作品群。ここに写された街や人の姿、社会の様相は、時の流れとともにこの40年で大きく変容し、いまそれらをリアルに見ることが不可能なのは、私たちにとって当たり前のことだ。しかし作品を前にすると何故か、時を超えてそこに手が届きそうな不思議な感覚……奇妙ながらも心地よい親近感を覚えずにはいられなくなる。切り取られた “一瞬” は遠い昔であるはずなのに、被写体がリアルな存在感を持って眼前に迫ってくるのだ。ファインダーに飲み込まれた対象が今度は観る者を飲み込み、写真という世界のなかで “過去” と “いま” を隣り合わせにする。森山大道が自ら「ポップでクリアーでジャンク、いい意味でペラペラ」と語るカラー写真作品を、当時の息吹そのままにまとめて堪能できる、初めての機会。人々を惑わせ、同時に強く魅了する森山の捉えた “時間” に浸りに、足を運んでみてはいかがだろう?
 
森山大道写真展 DAIDO IN COLOR
日時/2015年12月15日(火)〜 2016年1月30日(土)
会場/アートスペースAM 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ301
時間/13:00〜19:00
休廊日/月曜・火曜
TEL/03-5778-3913
WEB/www.am-project.jp

©Daido Moriyama

 

Text: Kahlua Tsunoda

いいね!

Recomended Post