899
Culture Post

幼児虐待、認知症、学級崩壊…
『きみはいい子』に挑んだ高良健吾

kengo kora
kengo kora

中脇初枝の同名短編小説集を呉美保監督が映画化した作品『きみはいい子』が公開中だ。幼児虐待、認知症、学級崩壊、モンスターペアレント、いじめ…。そうした、現代社会に関わり深い問題と向き合いながら奮闘する若手教師役を演じた高良健吾がヌメロ・トウキョウ(https://numero.jp/)のインタビュー連載「Numero Talks」に登場!

「“子どもたちに優しくすれば世界は広がる”というのは、きれいごとと言われてしまうかもしれないけれど、本当にその通りだとも思う」。撮影現場で生徒役の子どもたちと触れ合いながら“子ども”が持つ無限の力を感じ取ったという彼はインタビューで、この経験が自身の成長に繋がったと語っている。その理由は二つ。ひとつは「1年目という辛さと大変さ」を岡野という教師役を演じることで再び思い知ったこと。もうひとつは、事務所に入っていない生徒役の子どもたちと会話をする中で父性が芽生え「とにかく、すくすく育ってほしい」という感情が生まれたこと。撮影が終了した今、彼が思うこととは? インタビューをぜひチェックして。

Recomended Post