733
Culture Post

シェイクスピアの問題作が上演決定! 演出は文学座の鵜山仁

シェイクスピアの問題作が上演決定! 演出は文学座の鵜山仁

撮影:細野晋司

 

ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『トロイラスとクレシダ』が7月15日から世田谷パブリックシアターで上演される。トロイ戦争を舞台に、トロイの末の王子であるトロイラスと神官カルカスの娘クレシダの恋や裏切りを描いた本作は、悲劇的でありながら喜劇的・笑劇的・風刺劇的要素も多く含む問題作。
演出を務めるのは、同じくシェイクスピアの『ヘンリー六世』三部作一挙上演にて、2010年読売演劇大賞の大賞など数々の賞に輝いた文学座の鵜山仁。キャストは、今年の読売演劇大賞・最優秀男優賞を受賞した浦井健治をはじめ、ソニン、江守徹、吉田栄作、岡本健一、渡辺徹など豪華揃い踏み。同作はシェイクスピア劇の中でも上演される機会が少ない作品。だからこそ、他作品では味わうことのできない新鮮な感動と衝撃を味わえるはず。今後は石川、兵庫、岐阜、滋賀でも公演されるそう。ぜひ、足を運んでみて!
 
世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター
『トロイラスとクレシダ』

作/ウィリアム・シェイクスピア 
翻訳/小田島雄志
演出/鵜山仁
出演/浦井健治、ソニン、岡本健一、渡辺徹、吉田栄作、江守徹 ほか

日時/7月15日(水)~8月2日(日)
場所/世田谷パブリックシアター
チケット/世田谷パブリックシアターオンラインチケットほか

information/世田谷パブリックシアターチケットセンター
TEL/03-5432-1515
 
Text:Keisuke Kagiwada

Recomended Post