201
Culture Post

実在夫婦の闘病ブログ「がんフーフー日記」
佐々木蔵之介、永作博美主演で映画に

© 2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会
© 2015川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会

出会って17年間友達だった二人が結婚。直後、ヨメの妊娠とガン発覚し、闘病、出産。 わずか493日の結婚生活を共にした実在の夫婦の闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」(川崎フーフ著/小学館刊)を、『婚前特急』の前田弘二監督が映画化。

Text:Tomoko Ogawa

作家志望のコウタ(佐々木蔵之介)は書店員のヨーコ(永作博美)と20歳で出会い、サブカル話で意気投合。17年目、37歳にしてついに結婚する。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。ダンナは夫婦の闘病生活をブログで報告し始めるが、ヨメは他界してしまう。悲しみに暮れるなか、闘病ブログ出版の話が舞い込むが、そこへ死んだはずのヨメが現れて……。

脚本は、『ゴールデンスランバー』『永遠の0』などを手がけた林 民夫。原作のエピソードをベースに、死んだはずのヨメと残されたダンナが夫婦として過ごしてきた日々を振り返るという設定が加えられ、夫婦の生き様と家族の愛をユーモアたっぷりに描き出す。『夫婦フーフ日記』は、5月30日(土)より、新宿ピカデリーほか全国公開。

夫婦フーフー日記
監督/前田弘二
脚本/林民夫・前田弘二
原作/川崎フーフ「がんフーフー日記」(小学館刊)
出演/佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、杉本哲太ほか
公開/5月30日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給/ショウゲート
HP/fu-fu-nikki.com

Recomended Post