223
Culture Post

キム・カーダシアン・ウェスト、2014年クイーン・オブ・ザ・タブロイドに選出

キム・カーダシアン・ウェスト(Kim Kardashian West)が2014年のクイーン・オブ・ザ・タブロイドに選出された。キムはアメリカ発刊のタブロイド雑誌で34回も表紙を飾ったことから、ヴァニティ・フェア誌によるも表紙を飾ったランキングで見事1位に輝いた。続いて英キャサリン妃(Princess Catherine)とジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)の両者が23誌で2位タイとなった。キムを含むコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)、クロエ・カーダシアン(Chloe Kardashian)、クリス・ジェンナー(Kris Jenner)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)らカーダシアン一家は、合計54誌もの表紙を飾り、全体の2割を占めている。
 
そんな1位の栄誉を勝ち取ったキムだが、最も隣人にしたくないセレブのランキングでは2位となっている。キムと夫カニエ・ウェスト(Kanye West)はオンラインの不動産でデータベースのズィロウが行った同ランキングの投票で22パーセントを獲得し、1位のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)とは僅差となっていた。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post