エマ・ストーン、ブロードウェイ出演を延長 | Numero TOKYO
People / Post

エマ・ストーン、ブロードウェイ出演を延長

エマ・ストーン(Emma Stone)がブロードウェイ作『キャバレー』への出演を延長した。昨年11月に同作でのサリー・ボウルズ役をミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)から引き継いだエマは、予定より期間を2週間延長して2月15日までステージに立つことになったとラウンドアバウト・シアター・カンパニーが発表した。同作は3月29日まで公演が予定されているものの、エマの後に誰がその役を演じることになるのかについては明らかになっていない。   ずっと『キャバレー』の大ファンであったというエマは、同作への出演に対する感激を最近語っていた。「私は10歳のころからサリー・ボウルズを演じたかったの。それで『キャバレー』でのナターシャ・リチャードソン(Natasha Richardson)を見たのよ」「こんなに1つのキャラクターやストーリーに執着したことはこれまでにないと思うの。本当に自分がそれを演じているなんて信じられないの」「(サム・メンデスと共同監督を務める)ロブ・マーシャル(Rob Marshall)はサリーが女性版『ハムレット』のようなものだって言ってたわ」。
Photo:Bangshowbiz

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する