120
Culture Post

女優として、母として。広末涼子の本音

NHKのドラマ『聖女』で初めて悪女を演じ、話題となったことが記憶に新しい広末涼子。11月22日より公開される映画『想いのこし』では、ポールダンサーでシングルマザーというギャップのある役どころに挑戦。デビュー当時の透明感をそのままに、女優として着実にキャリアを重ねている彼女が、発売中のヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)2014年12月号に登場してくれた。最新モードに身を包み、“自分に求められていること”を本能的に感じ取り、演じ、新たな表情を見せる。
 
インタビューでは、これまであまり語られることのなかった母としての言葉も。お芝居では感情をうまく表現できるけれど、プライベートでは喜怒哀楽を我慢してしまうこともあり、特に「子どもの前では絶対に泣いてはいけないと思っていた」彼女が、今は子どもたちの前でよく笑い、よく泣く母親だという。そんな心境の変化や、今いちばん幸せだと感じる瞬間などを話してくれた。その注目度と存在感で輝く女優・広末涼子の素顔がヌメロ・トウキョウだけで垣間みられる。
 
(※「」内のコメントは本誌より流用)雑誌の内容はこちらからチェック
 

いいね!

Recommended Post