277
Culture Post

ポール・マッカートニー、菜食主義をラップで奨励

ポール・マッカートニー、菜食主義をラップで奨励

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)がラップで菜食主義を奨励している。ポールはジョアンナ・ラムレイ、ツイッギー、シャーリーン・スピテリ、ウディ・ハレルソンらの助けのもと、週に1度は肉を食べない日を設けようと呼びかける「ミート・フリー・マンデー」のキャンペーンを推進するためのラップ曲の撮影に望んだ。YouTubeに投稿されたその映像の中でポールは「あなたからの助けが必要です。君にして欲しいことといえば、pledge.meatfreemondays.com にログインして、ミート・フリー・マンデーのアイデアに賛同することを誓ってください」「そうしてみてください。皆さんの誓いを政治家たちに送ります。そうすることで、彼らは何かするでしょう」と呼びかけている。その映像にテレビやラジオのプレゼンターとして活躍するファーン・コットンやポールの娘たち、ステラ・マッカートニーとメアリーも登場する中、ミート・フリー・マンデー」というメッセージが書かれた紙を持ったポールは、指を鳴らしたり、終始手をたたいたりして、肉をとらないというメッセージをエネルギッシュに音楽で表現している。
 
グウィネス・パルトロウ、マーク・ラファロ、ケヴィン・スペイシー、リッキー・ジャーヴェイスら著名人を含む84万3000人以上が同キャンペーンの誓いに賛同している。
 
今回のポールの嘆願は23日(火)にニューヨークで行われる国連の気候サミットに先駆けて示されたかたちだ。潘 基文(パン・ギムン)国連事務総長は2009年のコペンハーゲンでの会議以来初めて世界の首脳陣を集めて気候サミットを開くことになるが、2015年12月の国際協定を結ぶために気候に関する話し合いから始まる予定。
 
Photo:Bangshowbiz

いいね!

Recomended Post