074
Culture Post

ケイト・モスが提案、オリジナルカクテル『アブソルート・モス』とは?

ケイト・モス(Kate Moss)が『アブソルート・モス』という名のオリジナルのカクテルを提案。ケイトは「ケイト・モス:ネバー・イナフ」と題されたアナザー誌最新号発表を祝して9月16日(火)にメイフェアのルルズで行われたパーティーのために、そのウォッカベースとなるオリジナルカクテルを考案したという。
 
数々の有名人も含むゲスト陣に振舞われた豪華なカクテルはケイトのお気に入りのフレンチ76(ダイヤモンドフィズ)をアレンジしたもので、アブソルート・エリクスのウォッカにエルダーフラワーのリキュールであるサン・ジェルマン、そして、レモン汁、ペイショーズのビターズを加え、シャンパンを注ぐというレシピ。
 
今回のパーティには、アレクサ・チャン(Alexa Chung)、ジェイド・パーフィット(Jade Parfitt)、エディ・キャンベル(Edie Campbell)、キャロライン・ウィンバーグ(Caroline Winberg)などファッション界で活躍する面々も出席。ロンドン・コレクション最終日前日に開かれたパーティーには、『007 死ぬのは奴らだ』をテーマにしたドレスコードを設けていたようだ。
 
ケイトは最新のファッション、アート、カルチャーをお届けするアナザー誌2014年秋冬号の4つの異なる表紙に登場する予定。
 
Photo:Bangshowbiz

Recomended Post