Culture / Lifestyle

安藤美姫、為末大、内山高志が体験! 日本初上陸の新ガジェット『Nike+ FuelBand SE』


腕にはめておくだけで運動量の測定ができるリストバンド『Nike+ FuelBand SE(ナイキ フューエルバンド エスイー)』が11月6日に発売される。海外で発売されていた従来のモデルが新デザイン、新機能を搭載して日本初登場となる。運動量の目標設定や達成度、ユーザーの行動が記録できるiPhoneアプリも同時に配信。
 
『Nike+ FuelBand SE』は、「NikeFuel」という独自の単位で運動量を表示するウェアラブルガジェット。運動している時はもちろん睡眠中まで、日常のあらゆる動作を感知する。スポーツシーン以外の動きも含め1日の運動量が換算できるため、アスリートからキッズまで、年齢やスキルに関係なく老若男女が同じ数値で測定し競い合うことも可能。「NikeFuel」ほか、消費カロリーなども測定でき、リストバンド上のLEDランプにて表示する。また、専用のiPhoneアプリをダウンロードすれば、さらに詳細な記録や分析が可能という優れもの。
 
10月21日に開催された発表会には、ボクシングの内山高志、フィギュアスケートの安藤美姫、元陸上選手の為末大が登壇。それぞれが『Nike+ FuelBand SE』を体験した感想を語った。
 
為末「これまで共通して計れる数字はなかったのですが、これで例えばボクシングと50m走で使うエネルギーがどのくらいなのか、競技の枠を越えて数値を比べられるというのが新しいという印象ですね。僕は子どもたちにスポーツを教えていて、多くの種目をやってみてほしいと思っているので、競技をまたいでも積み重ねているものがあるといいなと思っていました。これは、サッカーでもボクシングでも陸上をやっても同じ基準で数字が積み重なっていくから、モチベーションを上げるのにもいいなと。アスリートの運動だけじゃなくて日常生活の数値も計れるから、例えばお母さんとも競争できるというのも面白い」
 
内山「トレーニングだけじゃなくて、私生活でも着けたいですね。1日何もしていない日と、トレーニングした日でどれくらい運動量が違うのかとか、いろいろ試してみたいなと思っています。普段着けていてもいいデザインですよね。光るのもかっこいい」
 
安藤「メイクをしたら片目で2でした(笑)。私生活の動きでも計れるのが楽しいですね。カラーバリエーションもあるのでオシャレとして着けていてもかわいい」
 
本体は10月25日(金)よりNike Harajuku、Nike Osaka Running、Nike Fukuoka、ナイキストア吉祥寺にて店頭予約がスタートする。※予定数量受付次第終了
 
Nike+ FuelBand SE
発売日/11月6日(水)
価格/¥15,750
カラー/4色展開
HP/www.nike.com/fuelband
 
information
Nike+ FuelBand SE
HP/www.nike.com/jpfuelband

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する