Culture / Post

見逃し禁止! アート写真の祭典『TOKYO PHOTO 2013』@増上寺


『TOKYO PHOTO 2013 Presents 東松照明 追悼展』より。
東松照明『波照間島』(1971年)
Courtesy MISA SHIN GALLERY © Shomei Tomatsu

 
しかし──これまで六本木ヒルズや東京ミッドタウンで行われてきた『TOKYO PHOTO』だが、今年は新たに増上寺で開催。増上寺といえば、きゃりーぱみゅぱみゅが歌い踊り、観客がスマホでプロジェクションマッピングを操作するという、某社のド派手なCMが記憶に新しいが、一言でいえば威厳ある巨大寺院である。それにしてもなぜ……?
その問いに対する原田氏の答えに、『TOKYO PHOTO 2013』の最大の見どころが隠されていた。
 
「新しい場所で挑戦することが、イベントの熱量を大きく左右するからです。
世界で最も権威あるアートフェアの一つ、『FRIEZE ART FAIR』はロンドンの公園内に巨大テントを設営して行われますが、『TOKYO PHOTO 2013』も同様に、半屋外の空間を増上寺の境内に作り上げます。つまり、“写真を見る環境”から作り上げていくわけですね。
おそらく会場を訪れるだけでも、みなさん腰を抜かすと思いますよ。とくに夜は本当に美しい体験ができるはず。
いま、ここでしか体験できない環境の中で、最高の写真表現に触れる──。東京が今後、アジアの写真シーンの中心になっていく予感を、きっと感じていただけると思います」(原田氏)
 
見逃し禁止! アート写真の祭典『TOKYO PHOTO 2013』@増上寺
見逃し禁止! アート写真の祭典『TOKYO PHOTO 2013』@増上寺

会場にて再現展示を行う、Ed Ruscha『On the Road』展のガゴシアン・ギャラリーでの展示風景。
Courtesy of Gagosian Gallery © Ed Ruscha

 
『TOKYO PHOTO 2013』
期間/9月27日(金)〜30日(月)
場所/増上寺 東京都港区芝公園4-7-35
チケット/一般¥1,300 学生¥1,000 (前売り¥1,000) ※9月27日のみ学生¥500
※出展ギャラリーや展示内容 、トークイベントなど詳細は下記サイトへ。
 
information
TOKYO PHOTO 2013 事務局 info@tokyophoto.org
HP/www.tokyophoto.org

 

profile

深沢慶太(ふかさわ・けいた)
 
フリー編集者/ライター/『Numéro TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numéro TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集・執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集や、編集者9人のインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN新社)など。

▶ 最初のページへ

Profile

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する