オタク×アートの最前線!? 梅沢和木展@DIESEL ART GALLERY | Numero TOKYO
Culture / Post

オタク×アートの最前線!? 梅沢和木展@DIESEL ART GALLERY

『magic-mirror β』(2012年) © 2013 Kazuki Umezawa / courtesy CASHI    ネット上へ、次から次へとうpされては、あっという間に消費され、埋もれ去っていくアニメやゲームの画像たちーー。  これからお目にかけるのは、その集合無意識とも呼ぶべき圧巻怒濤の、“超景色”。  現場となるのは、ファッションブランドDIESELが全世界に誇る最前線のアート拠点、「DIESEL ART GALLERY」。  現実か/虚構か? アートか/サブカルか? 混迷を極める“現実の境界線”を追求し続けるアーティスト、梅沢和木(うめざわ・かずき)を直撃した。  
オタク×アートの最前線!? 梅沢和木展@DIESEL DENIM GALLERY
オタク×アートの最前線!? 梅沢和木展@DIESEL DENIM GALLERY
『空から降り注ぐ一億の画像 data ver.』(2012年) © 2013 Kazuki Umezawa / courtesy CASHI    話は、ゼロ年代の終わり頃にさかのぼる。  「時代の最前線はオタクカルチャーにあり!」と、各界がひとつ覚えの右向け右を決め込んだその先に、彼はいた。  梅沢和木、またの名を梅ラボ。  最初は、現代アート集団『カオス*ラウンジ』のグループ展だった。「ゼロ年代と呼ばれたこの十年、日本のアートは何も生み出さなかった」とぶち上げた宣言文(カオス*ラウンジ宣言)&ムーブメントの狂い咲く熱気の中に、その姿があった。  そして……脚光の中で開催された自身の個展でも。壮絶すぎる密度で凝縮された、アニメやゲームをはじめとする無数のキャラクター画像が織りなす未曾有の“景色”に圧倒され、アートや思想界を巻き込んで議論が噴出。  いわく、ネット上で画像を収集→再構築し、さらなる構造化を繰り返したその眺めこそ、人類始まって以来の情報量に接続を余儀なくされている現代人の現実感覚そのものではないか……!   ▶ 梅沢和木/梅ラボとは何者か? 制作中の本人を直撃! ▶ 次のページへ

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する