アートとファッションが出合うとき。EACH x OTHER が示すクリエイションの可能性 | Numero TOKYO - Part 5
Fashion / Post

アートとファッションが出合うとき。EACH x OTHER が示すクリエイションの可能性

──EACH x OTHERの今後の展望は?   Jenny:「クリエイティブ コミュニティ」として、様々なクリエイターが自由に活動できる環境をつくること。クリエイターは常に独りで作品を創造しているけれど、クリエイティブコミュニティでは、創作段階からお互いの作品についてフィードバックをすぐに得られたり、アイデアについてお互いの意見を交え合いながら高めていくことができる。アーティストにとっても、新しい形の創造活動の拠点となると思います。   ──今後日本のクリエイターがEACH x OTHERに参加する可能性も?   Jenny:もちろんです!今ちょうどリサーチ中なんです(笑)。  
今季で3シーズン目を迎えるEACH x OTHERは、すでに世界中のトップバイヤーに高い評価を得ている。コレット、ギャラリーラファイエット、バーニーズ ニューヨーク、セルフリッジといったショップでシーズン立ち上がりにはイベントを開催するほか、イスタンブールのビエンナーレ、カンヌ映画祭、マイアミのアートバーゼルなどといった世界中のアートイベントにも出展を予定している。まさにアートとファッションのボーダーが取り外された今、どんなクリエイターから発せられるメッセージを選び、身にまとうべきなのか、人々はもう一度立ち返える時機なのかもしれない。  

profile

 
Mennerheim_profile
Mennerheim_profile
Jenny Mennerheim(ジェニー・マナーハイム)   フランスのギャラリスト兼アートディレクター。2012-13年秋冬シーズンより、詩人、ミュージシャン、コンテンポラリーアーティストとコラボレーションしてアイテムを発表するファッションブランド、EACH×OTHERを立ち上げる。EACH×OTHERをパブリッシングハウスとして服、アイテム、オブジェクトをプロデュースしている。
 
montgomery_profile
montgomery_profile
Robert Montgomery(ロベルト・モントゴメリー)   ロンドンを拠点に活動するアーティスト。 主に広場や公共のスペースを使って、広告や資本主義に対しての疑問を投げかけるポエムを題材とした作品を発表している。2005年より”WORKS IN THE CITY AT NIGHT“ と題し、夜の間にビルボードをハイジャックし自分の作品に置き換えてしまうというたプロジェクトをスタート。
 
Yi_profile
Yi_profile
Yi Zhou(イー・ズー)   新進気鋭のチャイニーズアーティスト。 10歳でローマに移住し、パリとローマで育つ。映像作品は上海、ベニスのビエンナーレ、サンダンスフィルムフェスティバルで上映。 2010年より活動の拠点を上海に移し、若手の中国人アーティストにチャンスを与えるためにスタジオと制作会社を立ち上げ、インターナショナルプロジェクトを作成。
  ▶ 最初のページへ

Profile

Magazine

MARCH 2024 N°174

2024.1.26 発売

Tokyo, My Love

トーキョー再発見!

オンライン書店で購入する