現代のライフスタイルにぴったりの波佐見焼が登場! エキシビションも開催 | Numero TOKYO
Culture / Lifestyle

現代のライフスタイルにぴったりの波佐見焼が登場! エキシビションも開催

400年以上つづく波佐見焼の歴史の中でもっとも広く親しまれた「くらわんか碗」。庶民が食事をするために日常的に使っていたこの「くらわんか碗」を、波佐見の窯元20社が現代のライフスタイルに合わせてアップデートしたシリーズ「DAYS OF KURAWANKA」を発表した。   その初披露として、渋谷ヒカリエ8/COURT にてエキシビションが開催される。期間は12月27日(土)から12月31日(水)まで。毎日の食卓にさりげなく並ぶ器でも、そこに職人たちが手塩をかけて作ったものであれば、自然と愛着が湧いてくるもの。そんな現代の「くらわんか碗」を目指したという「DAYS OF KURAWANKA」をぜひ手に取ってみて。   波佐見焼 DAYS OF KURAWANKA 会期/12月27 日(土)~12月31日(水)  時間/11:00~20:00 ※最終日12 / 31のみ17:00 close 会場/渋谷ヒカリエ 8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F) Tel/03-6418-4718 入場料/無料   Text:Keisuke Kagiwada

Profile

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する