People / Post

グウィネス・パルトロウ、離婚という考えを改革したかった!?

©Bang Media International
©Bang Media International

グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)は2014年にクリス・マーティンと破局した際、離婚という考えを改革したかったのだという。

2人の子供にも恵まれたグウィネスとクリスは「意識的なカップル解消」というフレーズを使って破局を発表したことでも有名だが、グウィネスによると、その表現は離婚の大変さを回避し、友人の関係になろうとした結果だという。

グウィネスは『アームチェア・ポッドキャスト』でこう話している。「辛い部分を避けてすぐに友達という地点に移行する方法はないかって考えたの。つまるところ、私たちは家族よ。そうじゃない振りもできるし、憎み合うこともできる。でもそうしないのであれば、自分たちのために離婚というものを作り変えてみようってね」

さらにグウィネスは、その破局の表現に関してネット上で批判を浴びるなどした当時について、「すでにとても傷ついた状態にいた。本当に困難なことだったから。失敗のように感じたわ。とても辛かったし、子供たちのことがとても心配だった。そこにさらに世間からの批判がのしかかったの」「私は時に受け入れられないような発言をするし、世間的には時期尚早だとかね。両親が険悪な雰囲気で離婚した人やその真っ最中の人を刺激したのかもしれないけど」と続けた。

そんな批判を受けたにも関わらず、2人は当時の言葉通り今も親しい関係でいるようで、グウィネスは再婚相手のブラッド・ファルチャックとの新婚旅行にクリスと子供たちを招待していたくらいだった。

グウィネス・パルトロウ、ハネムーンに元夫クリス・マーティンを同伴!?

Photo: bangshowbiz

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する