718
Culture Post

『クリード チャンプを継ぐ男』、BFCCの最優秀作品賞に!

『クリード チャンプを継ぐ男』がブラック映画批評家協会(BFCC)が選ぶ2015年度の最優秀作品賞に輝いた。BFCCのマイク・サージェント共同会長が大人気映画シリーズ「ロッキー」の第7作目となる同作品の受賞を発表し、さらにはマイケル・B・ジョーダンが最優秀男優賞、シルヴェスター・スタローンが最優秀助演男優賞、テッサ・トンプソンが助演女優賞を獲得した。チャンピオンマッチで対戦相手であったアポロ・クリードの息子アドニス(マイケル)のトレーニングを行うロッキー・バルボア(スタローン)たちの姿を追った同作品は、多くの映画評論家たちから大絶賛を受け、最優秀作品賞を受賞する結果となった。
 
その一方で『ストレイト・アウタ・コンプトン』がオリジナル脚本部門最優秀脚本家賞と最優秀アンサンブル・パフォーマンス賞を獲得し、BFCCが選ぶ2015年度トップ映画ランキング10にも第3位にランクインしている。
 
そのほかには『ルーム』に出演したブリー・ラーソンが最優秀女優賞に選ばれ、『インサイド・ヘッド』が最優秀アニメ作品賞、ジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が最優秀撮影賞と監督賞を獲得した。

Photo:Bangshowbiz

Recomended Post