022
Beauty Post

なりたい自分になれているかは、今の私が今日と明日どうなっていたいかをクリアに想像すること。

 

数々の女性誌のスタイリングはもちろん、ブランドのディレクションなど多岐に渡り活躍する人気スタイリスト、辻直子さん。エレガンスの名手が考えるリップとファッションのバランス術、そして年齢の重ね方とは。

———— 早速ですが、スタイリストになろうと思ったきっかけは?
「幼い頃からとにかく洋服が好きで。両親も唯一、洋服だけに関しては『自由に好きなものを買っていいよ』と言ってくれましたね。昔から可愛い洋服を見ると何かに突き動かされるというか、気持ちがグッと高まっていたのを覚えています。スタイリストという職業を知ったのは、高校時代に眺めていた雑誌がきっかけ。“ファッションが好き”という気持ちの延長として、この職業に出合ったのかもしれませんね」

———— ご両親の影響はかなり大きいですね
「もう一つ、母から大きく影響を受けたのが実はリップとの付き合い方なんです。母はリップブラシで口角をかたどってしっかり口紅を塗る、いわゆる昔の日本人らしい女性。それこそ朝はもちろん、食後や人と会う前などきちんと塗り直す。子どもながらにその姿がとても女性らしくていいな、と憧れていました。いざ実際に私がリップと向き合う年齢になったとき、似合う色を見つけることの楽しさを感じ始めましたね」

———— では、辻さんならではの似合うリップカラーの見つけ方とは?
「撮影などのワークシーンに欠かせない赤リップはそれこそ深く考えず、直感的な“つけたい衝動”、ただそれだけなんです。今回の♯2773のようなパワフルなレッドリップは、気持ちの赴くままにラフにつけるのが良いですね。メンズTシャツ×赤い口紅のコンビネーションも、抜け感がありながらも緊張感があって好き。チャレンジングな分、昔は怖くてできなかったけど、年を重ねたことによって、いつの間にか簡単に使いこなせるようになっていたんです。
一方で、赤リップよりも♯2772のようなダスティローズは、シックでコンサバティブだからこそ、慎重になってしまうんです。アイシャドウもこういうときは陰影ぐらいにとどめて、肌にはコンシーラーを少しのせる程度。赤リップのように直感を信じることも必要だけど、この場合は自分を客観的に見つめながら、似合うバランスを見極めることが大事だと思っています」

———— ファッションとリップを上手に繋ぐためのバランス術はありますか。
「素敵だなと思う人って、なにがそう思わせるのかというと“その人らしいから素敵”なんですよね。髪の長さや肌の露出などではなく、トータルで見たときにその人の持つ雰囲気やパワーにマッチしているかということ。私の場合、何十年もずっとダークトーンのロングヘアをキープしているけれど、その分リップはカジュアルに塗る。つまりいい意味で足りない部分があった方が、くずしが効いていて似合う。その方がピックアップするファッションとも上手く馴染むんですよね」

音楽にコーヒー、そして暖かな日差し。辻直子さんが考える“ハッピー”とは

Job_10561

———— 辻さんは毎週フラワーショップを訪れるのだとか。
「お花は私の生活になくてはならないもの。嬉しいことがあったときはもちろん、思い描くことが『上手くいくといいな』と願うとき、そして自分にとって特別な人を思いながら生けたりもします。香り豊かな百合は欠かせないけど、選ぶ花はそのときの気分次第で、本当に自分流。店頭でブーケとして完成されたものも美しいですが、色彩とかも含めて自分が思いついたように生けたいなと。そんなことを考えているひと時ってとても楽しくて、日常のちょっとしたハッピーですよね。メイクアップと一緒で完璧に作り上げたものではなく、自分らしい花束だからこそ、その人のお部屋にも馴染むんじゃないかなと思う」

———— では、辻さんの考えるハッピーとはなんですか?
「大きな幸せって意外と遠かったり、分かりにくかったりするけど、小さな幸せは身近なところにたくさんありますよね。私の場合は、音楽とコーヒー。そして天気が良ければもう最高!みたいな(笑)。もちろん、落ち込むこともあるけど、辛いことを辛いままにしてしまうのは、そこから逃げているような感じですごく容易なこと。人生はシンプルなことに対して感謝したり、ハッピーだとたくさん感じたりした人こそが幸せなんだと考えるようにしています。
もう一つ挙げるなら、身近な他人に思いやりを持つことを大切にしています。少しでも他者を気遣うことで、それが巡り巡って自分の幸せとして返ってくる。でもそれって、自分に余裕があるからこそできることでもあるし、実はすでに幸せなことなんですよね。そんな自分であり続けるために、日々意識するようにしていますね」

Job_10459

———— 今後、どのように齢を重ねていきたいですか?
「仕事に関していえば、いつまでに何かを達成したいという目標を設けたことはこれまでに一度もないんです。ただ、生き方についていえば、41歳を迎えたあたりからふと、色んな年齢の重ね方をしている人たちの姿が気に留まったこともあって、考えるようになりましたね。友人関係に恋愛、仕事、食べるもの、そして何を着るか。私たちは日々たくさんの選択を行っているけども、今ある状態は過去の自分が選んだ結果であって、それは自分の思い通りの人生を生きてきたという証拠。それって実は、すごく幸せなことなんじゃないかしらって、改めて感じました。つまり今の自分が、今日と明日どうなりたいかをきちんとジャッジさえすれば、絶対その先は、なりたい自分になれているということ。理想の女性像を思い描くことももちろん素敵だとは思うけど、それよりは自分の感覚や気持ちに正直になって、毎日ベストな選択をしていきたいです」

Photos:Akihito Igarashi
Hair:Shuco
Makeup:Yoko Mochizuki
Interview & Text:Nathalie Lima Konishi
Special Thanks :Hamanoya Parlour, Matilda
Editor: Hisako Yamazaki
 

NARS パワーマットリップピグメントからインスパイアされた「NARS HAPPY TIMELINE-リップのある幸福な1日-」スペシャルコンテンツを展開中。

HAPPY TIME LINE

Profile

辻直子(Naoko Tsuji) 1975年生まれ。数多くの女性誌で活躍し、井川遥さんや辺見えみりさんなどタレントのスタイリングも手がける人気スタイリスト。CMや広告でのスタイリングやブランドのディレクションなども行う。フェミニンで品良く、女性らしいコーディネートは、同性からの高い支持を得ている。

Recomended Post