毎日の洗濯が楽しくなる、LIVRER YOKOHAMAのランドリーリキッド | Numero TOKYO
Culture / Lifestyle

毎日の洗濯が楽しくなる、LIVRER YOKOHAMAのランドリーリキッド|私たちのモノ語り #029

決して楽しい作業とはいえない洗濯。家事の中でも苦手です。放っておけば増えるし、汚れは放置すればするほど蓄積されていくのはわかっていますが、毎回腰が重く…。苦手な洗濯と向き合うために、毎日使うのが楽しくなる洗濯アイテムを! と気になっていた洗濯用洗剤に買い替えました。

こちらの「ランドリー ディタージェント」は国内外のアーティストが着るライブ⾐装のクリーニングを手がける「リブレ ヨコハマ(LIVRER YOKOHAMA)」が開発したオリジナル洗剤。見えるところに置いても雰囲気を邪魔しないシンプルでスタイリッシュなパッケージも素敵なのですが、それだけではありません。主成分は石鹸で敏感肌にも安心なナチュラル処方でありながら、しっかりと汚れを落としてくれます。そして、柔軟成分であるアミノ酸をブレンドしているので柔軟剤が無くとも、ふっくらとしたフワフワの手ざわりに仕上げてくれるのです。一番人気の香りビーチを使っているのですが、爽やかなフローラル系がほのかに香り、特に煩わしい干す&たたむ作業がなんだか心地良い時間に。この感動を衣類以外にも纏いたく、お恥ずかしながら、こまめに洗っていなかった面倒なシーツやソファカバーも頻繁に洗うようになりました。

合わせて使っているのは洗濯クリーナー。気温が高くじめじめと湿度も高い夏場は、雑菌が繁殖しやすい季節。洗濯してもなんだかカビ臭いような匂いが気になるときがありますよね。私もそんな経験がしばしば。このクリーナーは洗濯槽に溜まった洗剤の固まりや黒カビ、汚れの残留物を根こそぎ溶かしてくれるんです。使い終わっていつも通り洗濯したら、洗濯機の臭いがなくなったお陰で衣服の香りも強く感じるほど。嫌な臭いもこれで洗えばスッキリです。

家事のモチベーションをアップさせてくれるリブレヨコハマの洗濯洗剤。面倒だった洗濯がちょっと好きになりました。

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む


Profile

坂井直美Naomi Sakai ウェブ・コンテンツ・プランナー。ファッション&カルチャー系 WEB マガジン「HONEYEE.COM」の編集・プランナーなどを経て2021年春から『Numéro TOKYO』に参加。Numero.jpにて最新のトレンドを魅せるコンテンツ作りを目指し日々プランニングに奮闘中。服はもっぱら白か黒。今年は色物をワードローブに取り入れてキャラ変模索中。

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する