Beauty / Editor's Post

夏まで使える! 美発色リップグロス8選

外出の機会はまだまだ少ないですが、家では毎日違うグロスをつけて、リモートなビューティエディター生活を満喫中。上半期に発売された新色から、マスク時期にも使いやすい色をご紹介します。

SHIROのエッセンスリップオイルカラーは、1月の発売時にこの0A04に一目ぼれ。うっとりするような濡れツヤ質感のマリーゴールドオレンジです。うるるんとしたオレンジが初夏の気分にぴったりで、5月から出番が急増! ほんのりとしたユズの香りにも癒されています。

オレンジ第二弾。セルヴォークのエンスロール グロス 11は、もちのよさがピカイチ。ブライトなオレンジがそれなりに濃密に色づきます。白肌にこのリップグロス1本で、すごくお洒落な印象に。今日現在、公式サイトでは売切れの模様。セルヴォークはあっという間に人気色が売れちゃうので、気になったら即入手が鉄則。

オレンジ第三弾。オサジのニュアンス リップグロス 03<閃光>。セルヴォークが濃密なネーブルオレンジなら、こちらは爽やかな甘夏オレンジ? プランパー効果もあって、塗るとスースーする清涼感が。つけ心地もとにかく軽いし、マスク着用時に大活躍。オレンジニュアンスのぷるん!とした唇になります。

偏愛中のオレンジ三連発でした。せっかくなので中身も↓

左から、SHIRO、セルヴォーク、オサジ、です。

こちらはルナソルのジェルオイルリップスのEX01 Emerald Mist、EX06 Summer Storm。先週発売になった注目の夏限定色! 見てのとおり爽やか~な色ですが、つけるとどこか顔がミステリアスな印象になるから不思議。今流行りのニュアンスチェンジャーとして、持っておくと色々楽しめること間違いなしです。

シスレーのフィトグロスは、保護&美容成分がたっぷり。そしてとにかく煌めきリッチ! 写真の3は、ツヤとパールが涼しげな“モテピンク“のグロス。シスレーだからどうやったって上品になるので、夏らしくゴージャスな輝きがほしい!という人におすすめ。手持ちのリップに重ねてよく使っています。

グロスではないのですが、グロス感覚でカジュアルに塗れるシャネルのルージュ ココ フラッシュ。するする軽いテクスチャーと透けツヤ発色が美しい、お気に入りの口紅です♡ 4月発売の144は、夏もブラウンレッドをつけたい!という人にぴったりな軽やかな透け具合です。

この白グロスは、ジバンシイのローズ・パーフェクト・リキッドのNo10。リップケア効果が高いので、リップバームがわりに愛用中。シアバターやヒアルロン酸の保湿&コショウ由来のプランパー入りで、唇がふっくらしてくる感じが。パールホワイト×ピンクの外見がツボすぎて私はNo10推しですが、ピンクからレッドまで色バリエーションも豊富です!

テレワークや自粛生活で、お洒落やメイクをする楽しみが減っている昨今。新色を手に入れて、自宅リップメイクで気分転換を。

 

Profile

佐々木奈歩Naho Sasaki コントリビューティング・ビューティ・エディター。アメリカ・サンノゼ育ち、慶応義塾大学法学部卒。『VOGUE JAPAN』『FIGARO japon』などの美容エディターを経て、2009年フリーランスに。モードなビューティ記事づくりを得意とし、ファッション誌や美容誌で執筆・編集をするほか、広告制作やビジュアルディレクションなどでも活躍中。80sミュージックを聴きながらコスメ部屋にこもるのが幸せ、という“オタク“気質。二児の母。

Recommended Post

Magazine

ec

OCTOBER 2020 N°140

2020.8.28発売

Oneness

つながって、つながって、生まれる

オンライン書店で購入する