水原希子、あられもない姿に!? | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

水原希子、あられもない姿に!?

9月16日公開の映画『奥田民生になりたいボーイ・出会う男すべて狂わせるガール』で、ヒロインのキュートでセクシーなファッションプレス・あかりを演じた水原希子。最新号では、昭和のロマン映画へのオマージュとして、ある意味、男を狂わせる女になりきってくれました。

未亡人もの、若奥様もの、ヨーロッパかぶれものなど、当時の作品あるあるシチュエーションを用意。希子ちゃんは胸元が開いたドレスやランジェリー、際どいポージング指示もものともせず、むしろ「もっとこうした方がいいんじゃない?」と真剣。役者魂を見せつけられました。

スクリーンショット 2017-09-11 16.53.17
スクリーンショット 2017-09-11 16.53.17
また主人公コーロキ(妻夫木聡)を悩ませる時代錯誤なライター・倖田役のリリー・フランキーと希子ちゃんとのスペシャル対談も。2人の実体験を元にした男を狂わせる女論は必読! ヌメロ流のエロくて可愛い希子ちゃん、チェックしてみて下さい!
#110_h1
#110_h1

雑誌を購入する

ヌメロ・トウキョウ 2017年10月号はこちら

Profile

水戸美千恵Michie Mito マーケティング・ディレクター/エディトリアル・ディレクター。大学時代にジャーナリストアシスタント、ライターとして書籍、雑誌に携わる。卒業後扶桑社へ入社し、女性ファッション誌を経て『NumeroTOKYO』創刊1年目より副編集長に就任。ファッションページ制作や取材のほか連載「YOUのテキトーく」「佐久間由美子が聞く 女性表現者たちの闘い」を担当。趣味は歴史や文化をテーマにしたプラベートトリップで、西ゴート族追っかけ旅、スターウォーズロケ地旅などを経験。座右の銘は「いつも心にナンシーを」。
Instagram: @mitomiche

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する