最高に贅沢な沖縄旅「星のや沖縄」にお籠りステイ | Numero TOKYO
Trip / Editor's Post

最高に贅沢な沖縄旅「星のや沖縄」にお籠りステイ


沖縄県・読谷村に2020年オープンした「星のや沖縄」。星のやブランドでは国内外8施設目となるこちらは、海岸線に建ち、全ての客室がオーシャンフロントの沖縄を代表するラグジュアリーリゾートです。星のやならば心地よく安心してステイできること間違いないと、お籠りを決め込み沖縄へ!

「星のや沖縄」のコンセプトは「グスクの居館」。沖縄や奄美諸島に残されている琉球石灰岩で作られた史跡「城(グスク)」をモチーフにしたグスクウォールにリゾートは囲まれ、一歩中に入った途端、非日常感が上がります。このスイッチが切り替わる感じ、大事ですよね。

リゾート敷地内はシークヮーサー、アセロラ、グアバなどの果樹や、沖縄で馴染みのある草花の畑と庭が広がり、客室のある建物は2階までの低層で、まるでヴィラが点在しているような感じ。リゾートの前に広がる海岸は、沖縄でも珍しい自然海岸。ここにいるだけで沖縄の自然を十分に楽しめそうです。

客室は全てオーシャンフロント。大きな窓から海を感じられます。インテリアは沖縄工芸品を取り入れたモダン琉球スタイル。リビングエリアには大きなテーブルを備えた「土間ダイニング」があり、大きな冷蔵庫やオーブンレンジなども揃っています。

広くゆったりしたベッドルームは、琉球紅型が描かれた壁紙が沖縄らしいアクセントに。伝統的な織物「読谷山花織」を使ったコースターや「やちむん(やきもの)」などが用意され、お部屋にいるだけでさまざまな工芸品に触れることができます。

私が泊まった客室「フゥシ」は、掘りごたつ式の床座リビングもあり、90平米と広々。部屋で夕陽を眺める時間、贅沢です。

私のお籠りリゾートの最重要ポイントはプール。アジアやヨーロッパのリゾートでプールサイドで過ごす時間が好きなのですが、日本でいい感じに過ごせるプールって、なかなかないんです。その点ここは最高! 年間通して温水で24時間オープン。プールサイドにゆったり過ごせる椅子がたくさん配置され、プール自体も結構な大きさがあり、インフィニティなのも素敵です。本を読んだり、映画を見たり、心ゆくまま滞在中毎日のんびり過ごしました。隣接するラウンジでソフトドリンクのサービスもあり、アルコールのオーダーもできます。早朝や夜、誰もいないプールで泳ぎ、悦に入りました。

ここでしか体験できないおすすめアクティビティ

星のやと言えば趣向を凝らしたユニークなアクティビティ。その土地ならではの自然が楽しめたり、地元のカルチャーに根ざした体験ができたり。「星のや沖縄」にも魅力的なアクティビティがたくさんあって迷ったのですが、厳選して3つを体験しました。

1. 島の手習い〜琉球空手〜

空手は沖縄発祥って知っていましたか。中国武術と琉球古来武術が融合し、琉球空手に。その流派の一つ「上地流」の師範のレッスンを敷地内の道場で受けられます。基本の型や組み手を習い体幹も鍛えられ、空手の思想も伝授いただき、身も心もすっきり。何より先生の動きのカッコ良さ、強そうな迫力にやられました。

2. 朝凪よんなー乗馬

施設から出てすぐの馬場からスタートし、引き馬でビーチをゆっくり散歩。お馬さんたちはしっかり訓練されていて、ゆっくりゆったり歩んでくれるので、乗馬初心者でも安心して楽しめます。途中の道端おやつタイム(馬それぞれ好みの植物があるそう)にほっこり。

3. 青の洞窟 静かな朝のプライベートツアー

今回の滞在で何より楽しみにしていたのがこのツアー。沖縄で大人気の名所、青の洞窟へのプライベートツアーです。洞窟の中で、深いブルーから日の出とともにエメラルドブルーへと色が変わる瞬間は格別。自然の美しさに心動かされます。シュノーケリングかダイビングが選べ、チョウチョウウオやクマノミ、ブダイなどのさまざまな熱帯魚を見ることができました。青の洞窟は本当に人気で、日中は洞窟入り待ちをするほどなのですが、星のや沖縄だけのプライベートツアーは、早朝とあって独り占めという贅沢。

お籠り旅の楽しみ「食」を堪能

メインダイニング

天井が高く、モダンラグジュアリーな雰囲気のメインダイニングでいただける料理は「琉球シチリアーナ」。美しい海と温暖な気候、魚介や柑橘を多用する料理など、シチリア島と沖縄の親和性から沖縄特有の食材とシチリア料理の技法を組み合わせた料理をコースで提供。地元の作家が手がけた琉球ガラスややむちんなどのお皿とのコンビネーションも素敵です。

前菜は、琉球王朝時代にゲストをもてなす際に使われていた「東道盆」をモチーフにしたオリジナルの器に、パパイヤシリシリとボッタルガやナーベラーとナスのカポナータなど、彩り豊かな9種の前菜の盛り合わせ。

パスタ・コン・デ・サルデ(イワシのパスタ)。魚介の風味がたまらない。

ギャザリングサービス

特にいいなと思ったのはギャザリングサービス。シェフが下準備した料理を、客室の土間ダイニングの調理家電で、自分でフィニッシュするというもの。ラフテー煮卵添えや3種の貝の泡盛蒸しなど、30種類もの魅力的なメニューがいろいろ。丁寧な調理説明メモが添えてあり、ほぼ温めるだけ、混ぜるだけぐらいの簡単さ。島らっきょうやサラダなどそのままいただけるメニューも。お部屋で好きなものを好きなタイミングで食べられます。

バンタカフェ

ぜひ行って欲しいのが隣接する「星野リゾート バンタカフェ」。絶景を臨む崖の上という絶好のロケーションの国内最大級のカフェです。水平線を眺められる屋根つきテラス「大屋根デッキ」、ビーチサイドなど海が感じられる「海辺のテラス」、生い茂るグリーンの中にある「岩場のテラス」、ワーケーションもできるエアコンがきいた建物の中にゆったりソファがあり、大きな窓から海が眺められる「ごろごろラウンジ」などシートのバリエーションがかなり豊富。トロピカルフルーツを使ったスイーツやジュース、ポーク玉子おにぎりなどのフードメニューが揃い、シートを変えながら1日中ここで過ごせるのではと思うほど。ビジターも利用可能で旅行客はもちろん、ローカルにも人気なのも納得です。

 

朝食はダイニングかインルームダイニングで。

ダイニングでは、ゆし豆腐などの琉球朝食と、フリッタータなどのメニューが入ったこちらのシチリア朝食が選べます。パイナップルなど沖縄らしいジャムのラインナップも嬉しい。

インルームダイニングの朝食も和食と洋食があり、洋朝食をチョイス。お部屋でコーヒーと共にのんびりいただけるのもいいものです。

 朝は目の前のビーチを散歩、夜に空を見上げれば満天の星。琉球の文化、自然に触れ、3日間非日常空間で、かなりデトックス&リラックス。なれるものならリピーターになりたいです。

星のや沖縄
住所/沖縄県中頭郡読谷村儀間474
電話/0570-073-066(星のや統合予約)
URL/https://hoshinoya.com/okinawa/

Profile

水戸美千恵Michie Mito マーケティング・ディレクター/エディトリアル・ディレクター。大学時代にジャーナリストアシスタント、ライターとして書籍、雑誌に携わる。卒業後扶桑社へ入社し、女性ファッション誌を経て『NumeroTOKYO』創刊1年目より副編集長に就任。ファッションページ制作や取材のほか連載「YOUのテキトーく」「佐久間由美子が聞く 女性表現者たちの闘い」を担当。趣味は歴史や文化をテーマにしたプラベートトリップで、西ゴート族追っかけ旅、スターウォーズロケ地旅などを経験。座右の銘は「いつも心にナンシーを」。
Instagram: @mitomiche

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する