370
Culture Post

BECKがDAOKOと日本人初コラボ!

ベック(Beck)史上初となる日本人アーティストとのコラボが実現!しかも、そのお相手は、20 歳の日本人ラップシンガーDAOKOをゲストに迎えた「UP ALL NIGHTxDAOKO」を配信リリース!

SOCIAL Beck / UP ALL NIGHT x DAOKO (a-sha)のコピー

ニューアルバム『Colors』リリース直後の10月末に、8年ぶりとなる単独来日公演を実施したベック(私も武道館公演、行きました!アリーナで)。そんな彼のファンであり、来日公演にも自ら足を運んでいたのが、コラボレーション・パートナーに抜擢された、DAOKO

DAOKOといえば、8月に公開した映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌「打上花火」では、米津玄師とコラボレーションしたことも記憶に新しく。そのアニメーションMVは、再生回数7,500万回超、6週連続iTunesソング・ランキング1位をはじめ、音楽配信サービスでも軒並み1位を獲得し、14冠という快挙を成し遂げた実績を持つ、人気、知名度ともに急上昇中の、今期待の日本人ラップシンガーであります。最近では岡村靖幸とのタッグでも話題を呼びましたが、今回のベックとのコラボは、話題になること間違いなしです。


DAOKO×米津玄師「打上花火」


DAOKO×岡村靖幸「ステップアップLOVE」

実は、10月末に都内のスタジオにて初対面を果たしたという二人。今回のコラボについてベックは、「まず彼女に会ってみたいという好奇心があって。意外性とか、その場で起こるケミストリーを期待していたんだ。僕はコラボレーションすることが大好きなんだから。実際にやってみて、DAOKOは僕が思ってなかったような要素を曲に持たせてくれたと思う」と、ベタぼめです。

DAOKOはというと、「今回は海外の、しかも尊敬しているBECKとのコラボなので。海外にも自分の音楽が届けられるんじゃないかという希望が見えました。あとは曲を分解して研究したので、そこから得られたものも、吸収して自分の作品に活かしていこうと思います」 とのこと。

そんな二人のコラボ曲「UP ALL NIGHT×DAOKO」は絶賛配信中です。元の楽曲に自然にDAOKOの声が重なり層をなしていき、彼女の日本語ラップがすっと最初からいたかのように馴染んでて驚きです。ぜひ聴いてみて!

名称未設定-1

Beck (ベック)
「UP ALL NIGHT×DAOKO(アップ・オール・ナイト・ダヲコ)」

(Hostess Entertainment)
絶賛配信中!
iTunes・Apple Music/http://smarturl.it/onfcdw
Spotify/http://open.spotify.com/album/3QvFHW7338E0mxmafkGOp1

DAOKOのインタビューを読む

Profile

佐々木真純(Masumi Sasaki)ファッション・フィーチャー・ディレクター。大学在学中から編集プロダクションにて雑誌などに携わる。雑誌『流行通信』編集部に在籍した後、創刊メンバーとして『Numero TOKYO』に参加。ファッション、アート、音楽、映画、サブカルなど幅広いコンテンツを手がける欲張り何でも屋。写真家・操上和美が撮影する「男の利き手」や「東信のフラワーアート」の担当編集。ここ数年の趣味は山登りで、得意芸の“カラオケ”は編集部名物。自宅エクササイズ器具に目がない(なんならコレクター)。

Recomended Post