Spotify「RADAR:Early Noise 2022」で見つけた気になるアーティスト2組 | Numero TOKYO
Culture / Editor's Post

Spotify「RADAR:Early Noise 2022」で見つけた気になるアーティスト2組

2022年1月18日、オーディオ ストリーミングサービスのSpotifyが2022年に飛躍が期待されるアーティスト10組を「RADAR:Early Noise 2022」として発表しました。 「RADAR:Early Noise」は2017年から始まったプログラムで、Spotifyがその年に躍進が期待されるアーティストを音楽の目利きであるスタッフたちとSpotifyの強みであるデータ解析とのハイブリッドで選出し、発表。その後1年を通じてアーティストたちの成長をバックアップしているのだそう。 例えば過去に選出されたアーティストを振り返ると、17年にはあいみょん、STUTS、ビッケブランカ、RIRI、DYGL、yahyel、NOT WONK、19年には中村佳穂、ずっと真夜中でいいのに。、King Gnu、秋山黄色、20年には藤井風、Vaundey、Rina Sawayama、21年にはLEX、(sic)boy、Doul、にしな……などなど、今をときめく人気アーティストばかりで、このプログラムが今や若手アーティストの登竜門的な位置付けになっていることは明らか。 そこで私も楽しみにしていたこのプログラムの選出アーティストたち。2022年に選ばれたのは、下記の10組です!

RADAR: Early Noise 2022 選出アーティスト ※50音順
ao(アオ)
秋山璃月(あきやまりつき)
ego apartment(エゴアパートメント)
CVLTE(カルト)
菅原圭(すがわらけい)
tonun(トヌン)
Bialystocks(ビアリストックス)
Bleecker Chrome(ブリーカークローム)
Penthouse(ペントハウス)
WurtS(ワーツ)

Spotifyが発表したいち押し楽曲のプレイリストはこちら。

なかでも私が特に気になったego apartment(エゴアパートメント)とCVLTE(カルト)の2組をご紹介させてください。

中毒性のある楽曲とシュールなアートワークに注目! ego apartment

ego apartment
ego apartment

ego apartmentはサイパン島出身のDyna、大阪府出身Peggy Doll、シドニー出身のZenの3人組ユニット。さまざまな国のバックグランドが入り混じったソウル、R&B、ファンク、というんでしょうか。とにかくオシャレ‼ プレイリストに入っている「Wrong with u」はダンサンブルなビートに優しいヴォーカル、不思議なメロディが作り出す独特のグルーヴが癖になって、何度リピートしてもやめられない……。ずっと聴き続けたいサウンドです。MVやアートワークのシュールな世界観も見どころの一つ。

エモーショナルなロックサウンドに心躍る、CVLTE

CVLTE
CVLTE

CVLTEは北海道札幌を中心に活動するオルタナティブバンド。プレイリスト入りしてた 「hedonist.」はさまざまなジャンルを取り入れたロックサウンドにThe 1975とかPale Wavesを初めて聞いたときのような高揚感を覚えました。ヴィジュアルも彼らに近い気が。「heartbreak. 」は前半がヒップホップなのに、サビがメロディアスなロックサウンドで超エモい! 

ストリーミングサービスは、多くのアーティストの曲を聴くことができる反面、検索しないとたどり着けないところもあって、自分の興味の範疇から外れた新しい才能に巡り合うのが難しいことも。目利きたちが作るSpotifyプレイリストで新しいアーティストを知ることができるのは嬉しいですね。今後も注目していきたいです。

Profile

金原毬子Mariko Kimbara エディター。学生時代にファッション誌編集部でのインターンや雑誌制作を経験し、編集者を志す。2017年扶桑社に入社し営業職を経て、19年『Numéro TOKYO』編集部に異動。主に人物取材やカルチャー、ライフスタイルなどの特集、本誌の新連載「開けチャクラ! バービーのモヤモヤ相談室」などを担当。音楽、ラジオ、ポッドキャストが好きで片時もヘッドフォンが手放せない。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する